- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

日刊スポーツ:東京五輪ワイド特集に登場

昨年11月15日に日本財団パラリンピックサポートセンター(略称:パラサポ)のスペシャルサポーターに就任した吾郎さん、剛くん、慎吾くん。

 


【パラサポ】稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんからの、パラサポのスペシャルサポーターコメント!!

 

その後の動きはなかったものの、12月24日にメリークリスマスと3人がツイートしたときが、日本財団パラリンピックサポートセンター(略称:パラサポ)の慎吾くんが寄贈した巨大壁画の前での写真だったため、何かパラサポ系のお仕事をしていたのかなと思っていたら、

 

contents.atarashiichizu.com

www.nikkansports.com

 

2020年東京パラリンピックを成功させるために、2018年2月9日より行われる第23回オリンピック冬季競技大会(平昌オリンピック)直前ということもあり、吾郎さん、剛くん、慎吾くんのパラリンピックについて対談が掲載される運びに。その写真が素敵なのは言うまでもなく、

 

 

それぞれ対談で語られる言葉は誠実で、彼らの素直な気持ちが伝わってきます。そして吾郎さんが語ったコメント、

 

吾郎「僕らが広めることで、パラスポを始めるきっかけをつくることもできそうですね」と、競技者の裾野まで広げようとしている。
2018年1月3日(水)『日刊スポーツ』より一部抜粋

 

読んだ瞬間、改めて吾郎さん素敵な人だし、常に物事に対して俯瞰して見ている人なのだなと思いました。

吾郎さん、剛くん、慎吾くんがパラサポに就任したのはやはり何といっても認知度がまだまだなパラスポーツを彼らによって少しでも高め、競技を盛り上げて、2020年の東京パラリンピックを成功させるという役割を求められてのことでしたし、事実、彼ら自身もパラスポーツを通して、たくさんの人に知ってもらいたいとも語っていたわけです。でも、パラスポーツが周知されるだけではダメなのですよね。東京パラリンピック以降も盛り上げていくためにはさらに裾野を広げ、競技人口を増やしていくこと。その結果、パラスポーツの競技者たちの成績はさらに向上し、切磋琢磨していく競技者に観客側もより盛り上がっていく。それが本当の意味での応援なのだなと。 

彼らがパラスポーツをどう感じ、これからどう取り組んでいきたいのか、ぜひ読んでいただきたいなと思います。当日、入手し損ねた方もバックナンバーの取り寄せは出来ますので、よろしければご利用くださいませ。

 

www.nikkansports.com

これからも様々な形でパラスポーツ、パラリンピックで携わってくるだろう吾郎さん、剛くん、慎吾くんの3人ですが、まずは確実に決まっている 2018年3月4日(日)に駒沢公園で行われるパラ駅伝ですね。またパラサポでは当日のボランティアを200名募集しているそうです。

 

 

www.parasapo.tokyo