- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

TOKYO MX『5時に夢中!』緊急生出演

第一報はその日の13時02分、LINEに入った。TOKYO MXの看板番組である『5時に夢中!』に吾郎さんがゲストコメンテーターとして緊急出演が決定と!

 

f:id:kei561208:20171025004513p:plain

 

特別企画『ゴローの奥様テレフォン相談室』を展開と……怒濤の展開すぎるため、録画が間に合わない方がいたり、地方はまたしても視聴できないのか、アプリがある。いや、このアプリは『5時に夢中!』は対象外だ。YouTubeでライブ云々(最終的には非公式であったのが発覚)と慌ただしい時間が過ぎていく。しかも、そんな中、吾郎さん、剛くん、慎吾くんの3人が受けた共同取材のインタビューも次から次へとUPされていくという二重苦、否、二重の楽しみがw

 

 

 

 

 

 

どうやら吾郎さんの出演に慌ただしさを増し、人だかりができていたTOKYO MX。張り込むスポーツ紙の記者さんたちもいらっしゃるようで、入りも出も観察させていただけたのは良かったですけど(おい)

そして放送時間開始とともにハコちゃんこと、火曜日コメンテーターの『ゴロウ・デラックス』でもお馴染みな岩下尚史さんの隣に座る吾郎さんが。

そしてMCを務めるふかわさんから紹介されるや否や、“ここ、地図に載っていましたか?”と自らローカル局であることを自虐するような発言が。そして爆笑するスタジオ。普段、あまりスタッフの笑い声が聞こえてくる番組はそこまで好きじゃないのですが、なんというか雰囲気が違うのか、温かい番組なんだなあと実感。吾郎さんも“はい、あの~家から近いので、ちょっと気楽な気持ちで”と答えて順調な滑り出しです。

『5時に夢中!』という番組は、基本、“夕刊ベスト8”といって、夕刊各紙の中から東京人の心に響くインパクトの強い記事を勝手気ままにランキングし、各曜日のコメンテーターが「言論の自由」をテーマに好き勝手にコメントするTOKYO MXの看板番組です。

ちなみに、吾郎さんが出演した2017年10月25日(火)の“夕刊ベスト8”は、

 

f:id:kei561208:20171026010215j:plain

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 第8位「31歳の未婚女性 男友達の結婚を機に思い悩む日々」

ふかわ:はい、稲垣さん。この方がもし目の前にいたら、どんな言葉をかけますか?
吾郎そう、まあ、僕も未婚なので、はい。怖がることはないと思いますし。
岩下未婚なんですよ。家で泣いてんだもんね、夜。
ふかわ:え、そうなんですか?
吾郎40代になって、まあ、独身で、まあ、一人で、寂しい夜なんかはこれを読めといって、三島由紀夫さんの『午後の曳航 (新潮文庫)』をね。小説ススメていただいて。
岩下そう、ただ泣いてるんじゃ可哀想だから、これ読むともっと泣けるからって。
ふかわ:あ~、そうですか。沁みるわけですか。
吾郎沁みるわけですね。
ふかわ:普段の生活で一人を特に感じる瞬間ってどういうときですか?
吾郎朝ですね。
ふかわ:朝?
吾郎朝、ご飯を食べてるときって。何か端っこの方に座って食べてると。
岩下広いお部屋の。
吾郎何かちょっとそのリビングの食事するテーブルが6人ぐらい座れる、ちょっと大きめのテーブルを買ってしまったんで。そこの一番端っこに一人で食べて、ご飯食べながら音楽とか聴いていると、ちょっと寂しいなって思いますけれども。
ふかわ:今朝は何を召し上がりました?
吾郎今日はですね、何かイギリスパン焼いて、はい。後、卵乗っけて、レタスとかも(その後聞き取れず)
岩下素敵。今度、私マスカット持っていきます。
吾郎本当ですか。

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 第7位「高齢者が賃貸住宅探しに行き詰る 家主の不安から」

ふかわ:稲垣さんは物件探しはどうですか?
吾郎物件探しはでも、そうですね。昔は、デビュー当時とかは、やっぱこの仕事やってると審査が結構通り辛かったりとか。
ふかわ:後、色々気にしなきゃいけない面ってありますよね。
吾郎そうですよ。
ふかわ:特に気をつけてるところってどういうところなんです?
吾郎気をつけるところは、入り口がいくつかあるとか。結構こう色々と、まあ、あのパパラッチの方々とか、はい。そういうこと考えますよね。
ふかわ:はあ、一緒ですねえ。完全に一緒です。
岩下何よ、スター気取りで。

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 第6位「稲垣・草なぎ・香取映画製作発表“クソ野郎と美しき世界”」

ふかわ:はい、稲垣さん。非常にインパクトのあるタイトルですね。
吾郎はい、ありがとうございます。
ふかわ:ある程度は、あの……。
吾郎そうですね。今ちょうどこの、まあ『新しい地図』のメンバーというか、スタッフの方々とちょうど今、話を打ち合わせしながら日々ちょうど作っている最中なんで。具体的な内容とか、誰が監督をやるとか、どう演出するとか、本当に具体的に決まっていないことが多いので。
ふかわ:決まってないなんていうと隣の……。
岩下オムニバスとかですか、お三人でそれぞれ。
吾郎そうですね。どういう形になるのか、まだパッケージもわからないんですけれども。
岩下本もお書きにになるかもしれないの、あなた
吾郎あ、本はさすがに僕は書けないと思うので(岩下さんに)教えていただいて。
岩下本よりもね、ぜひ女優で出たいの。
ふかわ:ほら、稲垣さん。決まってないとなるとこうなっちゃうわけですよ。
吾郎まあ、でもこの美しい世界がありますから、岩下さんにぴったりなんじゃないかなって。
ふかわ:えええ!
岩下ほら、あんた。
吾郎クソ野郎のほうじゃなくて美しき世界のほうに僕たち。
岩下なんて優しいんだろう。今日は良い日だなあ。良い着物着てきた甲斐があったわ。
ふかわ:本当ですか、稲垣さん。これはいわゆる出演という形ですか?
吾郎そうですね。何か、僕がこう全部決めちゃっていいのかわからないですけれども。
ふかわ:ダメですよ、絶対ダメだと思います。
岩下映画館で公開するんですか。
吾郎そうですね。映画なので劇場公開を目指して今いろいろとやってる最中なので。
岩下よくやってるじゃん。舞台とかで。だってほら挨拶とか、二人で文金高島田で出ようかな。
ふかわ:本気になっちゃいましたからね。ただ、ねえ、稲垣さんって本当俳優業と真摯に向き合って、岩下さんから見てどうですか?
岩下本当にあの舞台もね、井上ひさしの舞台やらね、あのお出になったけれどもすごく魅力があるもん、だって。それに年を増すごとに、今43? どうです、この色気。デカダンな感じも出てきて、ねえ。孤独だろうけど、ずっと独身でいてほしいです。ね、どんどん不幸せになってほしいな、これ。でないと良い持ち味がでないもん。
吾郎じゃあ、クリス松村さんと二人の党に僕も入れてください。
(中略)
ふかわ:ということで、改めてお知らせといっても具体的な日程はまだ決まってないわけです。でも決まってない感じがワクワクはしますね。
吾郎そうですね。はい、まあ、初めてのことなので、うん。皆さんの期待に応えられるような映画を作っていきたいなと。

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 第5位「希望の党選挙完敗で党内からも“小池代表解任論”」

ふかわ:稲垣さん、こういう選挙の結果とかは気にはなるほうで?
吾郎はい、そうですね。すごい気になりますし、あの~、でも小池さんに関しては、ちょっとうちの父親が、うちの父親と小池さんがなんか“私は稲垣さんの父親とお酒飲むんですよ”みたいなこと仰ってくださったことがあって。はい、何か今はどうかはわからないですけども。はい、何かカントリーバーみたいなところで。
ふかわ:完全にそれはプライベートな空間で。
吾郎プライベートです、はい。不思議ですよねえ、カントリー好きなんでしょうかねえ。
ふかわ:たまたまそこで一緒に居合わせたのか。
吾郎そうなんですよ。“稲垣パパ、知ってるわよ”って言われて。まあ、非常にありがたいんですけれども、はい。

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 第4位「赤ちょうちん消えぬ一等地大井町 “東小路”」

ふかわ:稲垣さん、外で飲まれることは。
吾郎はい、もちろん。普通にあの、家も好きですけれども、外も。最近は家のほうが多くなりましたけれども。まあ、でも全然普通にあまり人目も気にせずに。
ふかわ:好きな雰囲気ってどういったタイプの。
吾郎そうですねえ。やっぱ元々すごくワインとかが好きだったので、やっぱ洋食とかが多かったんですけれども、レストランとかが。でも最近はこういう赤ちょうちん的なものとか、日本のお酒とかもすごい好きですし、はい、いろいろと。
ふかわ:最近、日本のお酒はどういったものを。
吾郎日本のお酒はあの焼酎とかも、日本酒とかも好きですね。何か僕が和食屋さんとかに行くと、“ワイン置いてありますよ”と。“ああ、日本酒で大丈夫です”みたいな。そういうことが多くて、はい。
ふかわ:段々好みが少しシフトしてきたと。
吾郎そうですね。その料理に合うお酒が。お酒自体はすごい好きなので。はい、いろいろ楽しんでます。
ふかわ:いろんなお店にも行かれたり。
岩下赤ちょうちんなんか行かれます?
吾郎赤ちょうちんももちろん、芝居やってるときとか、あの~演劇。
岩下もうあんた、演劇界の人と飲みに行かないほうが。皆癖っぽい、止めたほうがいい。私と一緒に銀座のクラブ行きましょう。
(中略)
ふかわ:ちなみに酔っぱらうことってあるんでしょうか?
吾郎僕はあの~自分で言うことではないと思うんですけど、案外、お酒が強いというか。はい、何か意外と見た目より強いですねと言われることが多いですね。あんまり変わんないんですよね。それが何か逆に面白くないなあと自分では思うんですけれども。

 

 f:id:kei561208:20170413024747j:plain ゴローの奥様テレフォン相談室

f:id:kei561208:20171027010511j:plain

 

稲垣語録『夢の世界を楽しんで』

f:id:kei561208:20170403190324j:plain 「現実とのギャップがあるからこそ、夢の世界を楽しめますし。まあ、僕らもどっちかというと夢の世界を売るほうなので、旦那様が僕らと同じ顔だったら、僕も商売あがったりなので。たまにディズニーランドに行くから楽しいんですよ。毎日夢の国に行ったらダメですよ。あの韓流ドラマだけでなく、僕らもよろしくお願いします」

 

f:id:kei561208:20171027011943j:plain

 

稲垣語録『まずはリハーサル』

f:id:kei561208:20170403190324j:plain 急に何か上に行くのも恥ずかしいじゃないですか。ですから、何かこう夫婦水入らずで旅行とかに出かけて、美味しいものでも食べて、旅行に行かれて一緒に寝るという。ちょっとリハーサルというか。その流れで家に帰ってきたときもさらっと上に膝を労わりながら上がっていただければ。

⇒吾郎さん自身は大丈夫かと心配していましたが、さすが稲垣語録。ふかわさんが仰るように全国の奥様納得のコメントでした。

 

そして番組の冒頭から“あなたは稲垣吾郎さんの出演に驚きましたか?”にはい、いいえの生投票を募集した中間発表が行われ、はい『30884ptいいえ『1912pt の数字が出るや否や、スタジオ内で爆笑がw

何がそんなにおかしいのかがわからずきょとんとする吾郎さんに、通常はそこまでの数字はいかないとふかわさんからの説明が。そして話題は再び、“夕刊ベスト8”に。

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 第3位「又吉直樹 初体験の達成感は格別」

ふかわ:はい。稲垣さん、初体験といえば最近、ブログを始められたと。
吾郎あ、まあ、これからなんですけれども。
ふかわ:こちらフリップにまとめましたが、担当があって。
吾郎そうですね。あの~、SNSは今までやってなかったので、それぞれ3人で担当を決めまして、僕がブロガー。草なぎくんがユーチューバ―で、香取くんがインスタグラマーで。11月からなんですけれども。
ふかわ:担当はどのようにして決まったんですか?
吾郎担当はでも何となく話し合った結果、はい。まあ、例えば香取くんだったら、まあ、いろいろ芸術とか、絵を描いたりとか、写真を撮ったりだとか、そういうことが好きですし、得意なので。美的センスがあるのでインスタグラマーがいいんじゃないかと。草なぎくんはいろいろギターをやったりとか。
ふかわ:踊りとか、コミカルな(聞き取れず)も出来ますしね。
吾郎じゃあ、吾郎さんはブロガーね、みたいな感じで。
ふかわ:消去法かよ。完全消去法じゃないですか。でも岩下さん、文学とか、文字をね。
岩下そう書評(?)もお書きになる。
吾郎いや、まあ、そうですね。いろいろとでもそうですね。本を扱った番組とかやらせていただいているんで、活字に触れることも多いので。岩下さんの著書ももちろん拝見させていただいてますし。
岩下あの人ね(ふかわさんを指す)、あの人ブログやってるんですよ。
吾郎あ、本当ですか。教えてください。
ふかわ:全然、全然教えるようなもんじゃないですけど、インスタじゃなくても写真を載せたり出来るので、よく稲垣さんがレンズ越しで見た世界とか。
岩下カチッと撮ったのに俳句つけたりどう?
吾郎あ、いいですねえ。はい、勉強中なので、そういうブロガーの方だとか、インスタグラマーの方々からいろいろとお話を伺ってる最中なんで。
ふかわ:そしてまたAbemaTVのほうで、これも11月上旬に。
吾郎はい、そうですね。これは『72時間テレビ』という、まあ、いわゆるやったことないような企画で3日間。
ふかわ:常に3人が揃って。
吾郎そうですね。
ふかわ:ええ、睡眠時間は?
吾郎いや、ちょっと僕、自信ないんですけどねえ。これも今、いろいろと打ち合わせをしていて、まあ、でも本当に楽しい番組にしたいなあと思ってます。

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 第2位「プロ野球“俺はスター”勘違いからの転落」

コメントは岩下さんのみ。

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 第1位「男性向けAV“ムラムラ” 女性向けAV“キュンキュン”」

ふかわ:はい、吾郎さんすみません。うちの総合演出がどうしても声が欲しいということで、いかがでしょうか。
吾郎いや、知らなかったですね。女性向きのAV、どういうものなんですかね。何か割かしキレイな感じなんですかね。
岩下ドラマ仕立て、ね。
吾郎ドラマ仕立て……。
ふかわ:描写のどこらへんが違うんでしょう。やはり女性がキュンキュンされる、上田さんはご覧になったことは?
上田何か薦められて見たことあるんですけど、ドラマ仕立てというか、行為までの感情の部分を大事に何か描いてて。
ふかわ:何で薦められてにしたんですか。
吾郎ちなみにドラマ仕立ての男性バージョンがあってもいいですよね。キレイな。
ふかわ:男性バージョンはご覧には?
吾郎ま、見たことはありますよ……え、ダメですか?
ふかわ:いやいやいやとんでもない、むしろ。
吾郎これ見出しになっちゃいますか?
ふかわ:かつてですか?
吾郎かつて、経験はありますけれどもね。
ふかわ:ラストAVはいつ頃ですか?
吾郎何か、ちょっとその辺は……。
ふかわ:地図に載ってないですか?
吾郎これからまた地図に描いていきたいなと思います。
岩下私が無理矢理見せたんですよ。ねえ、ヒロくんと3人で見たんだもんね!
吾郎いやいやいやw

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 視聴者からのメッセージ

「すみません。正直にいいますと、今までは夕飯を作りながらのながら見でしか見たことがなかったですが、今日は稲垣吾郎さんが出演されるということで、TVの前を陣取って気合いを入れて見ようと思います。“新しい地図”が発表されてから毎日がとても楽しいです。これからも皆さんの活躍を期待しています」吾郎ありがとうございます。

「いつもサクサク開く“5時夢”のサイトがなかなか開きませんでした」

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 追跡ベスト8

今週は“年齢制限を超えて夢を追う人”ということで、

① 67歳にしてアイドルになるのが夢なプリンセスやすこさん

② 元高校教師で72歳で芸人の道に進んだ御年82歳の芸人・ティーチャさん。

③ 39歳でJリーガーを目指す安彦さん。高校卒業後、ブラジルへ渡り、プロ契約へ。しかし初めての試合で前十字靭帯を切ってしまい、帰国を余儀なくされてしまい、自分の夢を断念。帰国後はコーチ・通訳・選手マネジメントなど裏方としてサッカー界に携わってきましたが、自分の人生の後悔を取り返すために地域リーグに所属しながら、クラウドファンディングを募集し、Jリーガーを目指すことに。

ふかわ:稲垣さんいかがでしたか?
吾郎いやあ、頑張っていただきたいですねえ。素晴らしいことですよね。
ふかわ:そうですよね。ただ一つ引っかかるのは、普段こんなちゃんとしたVTR作ってないですよ。
岩下そうなの。
吾郎本当ですか?
ふかわ:普段だったら、一人目のプリンセスのねえ。可愛らしいおばちゃんを追跡しているはずなんですけども。
吾郎新しい地図にかけて、やっぱりこういう方にも地図に参加していただいて、やっぱり僕らも一緒に夢を叶えていきたいなと思ってますので、はい。
岩下私も参加させてください。
吾郎もちろん、もちろん。

 

そして“あなたは稲垣吾郎さんの出演に驚きましたか?”の生投票最終結果がはい『62612ptいいえ『3084pt の桁違いの数字にまたしても爆笑するスタッフの皆様方に機械が壊れるんじゃないのと岩下さんw

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 視聴者からのメッセージ

「ネットニュースで知ったときには思わず平野ノラさん風に“おったまげえ!”と叫んでしまいました。また、日頃から“5時夢”を見ている私を馬鹿にしていた友人から“今日5時夢見るね”とLINEが来て、少し優越感を覚えました。稲垣さん、“5時夢”に出ていただいてありがとうございます」⇒ふかわ:潮目が変わりましたね、はい。

「驚きました。以前、サモ・ハン・キンポーさんが出て以来の驚きです。スタジオの雰囲気はどうですか?」吾郎本当に楽しかったです。何かあっという間ですけれどもね。生放送に出るのも久々なんで、はい。

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain コーヘン会の慶応ボーイあるある天気予報

あるある天気予報というよりは妄想天気予報(byふかわ)でした。

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 視聴者からのメッセージ

「今、都内の家電量販店のテレビ売り場にいますが、全部のテレビでMXが流されています」ふかわ:すごいことですねえ。

「“5時夢”スタッフ浮足立ってるなと今日感じています。一流番組に仲間入りしたと勘違いしなければいいなと。視聴率も話題性もすべては稲垣さんの力ですよ」ふかわ:本当に先ほどのVTRにはビックリしましたよね。こういうの出来るんだっていうね。

 

ふかわ:本当に稲垣さん、ありがとうございました。
吾郎あの~楽しかったです。やっぱ、いいですね。こうやってテレビに出るというのは。久々だったので、ちょっと緊張しましたけれども。そして生放送中に連絡を、メッセージをいただいたことに、本当に嬉しく思っています。ありがとうございました。
ふかわ:奥様はどうですか?
吾郎:奥様? またやりたいですね。僕の名前が書いてあったので、電話に。
ふかわ:“吾郎に夢中”でした。ありがとうございました。

 

そして最後にバイバイと両手でお手振りをして番組が終了。緊急出演の一報にどれぐらいテレビ画面に出てくれるのだろうかと思っていたら、まさかの最初から最後までとはありがとう、『5時に夢中!』

出迎えてくださった番組スタッフの方々すべてが温かく、岩下さんやふかわさんも吾郎さんをサポートし、素敵な番組でしたし、吾郎さんの素敵なところすべてがしっかりと出ていたと思います。実際、視聴された方から吾郎さんがこんなに上手に喋るとは知らず、好意的なコメントばかり。また放送終了後からはネット記事に追われ、翌朝になればW.Sに追われ、さらにネット記事に追われ、1時間の生放送番組に出演したと思えぬ情報量に正直言ってアップアップな状態でした。まあ、W.Sはそんな感心あるなら自局に呼べばいいじゃんと思わなくもないのですが、色々ありますからね(棒読み)

ただ、こうやってW.Sを通じ、世間の反響を読み、次の段階に進んでいく可能性はなきにしもあらずなので、今回のこの好評価はさらに良い風を呼び込んでくれるといいですね。その中でも番組キャストの方々がTwitterに、そしてブログに今回のゲスト出演された吾郎さんとの写真をUPし、感想を呟いてくださったのは嬉しかったです。やっと、ここまで来たんだなあという感じで。

 

 

 

 

ameblo.jp

ameblo.jp

あまりの膨大な記事に追い切れていませんが、吾郎さんがスタジオに出入りする際の写真が掲載されている記事と、番組出演の反響がわかる記事を記念に掲載しておきたいと思います。

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain スポーツ紙関連記事

www.hochi.co.jp

www.daily.co.jp

www.cinematoday.jp

www.daily.co.jp

www.daily.co.jp