- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

シネマナビと『女と男の観覧車』

6月13日(水)発売【anan No.2106】の稲垣吾郎シネマナビ!では『女と男の観覧車』(2018年6月23日(土)順次公開予定)を紹介。

 

f:id:kei561208:20180614015744j:plain

 

《あらすじ》
コニーアイランドの遊園地内にあるレストランで働いている元女優のジニーは、再婚同士で結ばれた回転木馬操縦係の夫・ハンプティと、ジニーの連れ子である息子のリッチーと3人で、観覧車の見える安い部屋で暮らしている。しかし、ハンプティとの平凡な毎日に失望しているジニーは夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしながら劇作家を目指している若い男ミッキーと不倫していた。ミッキーとの未来に夢を見ていたジニーだったが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていたハンプティの娘キャロライナの出現により、すべてが大きく狂い出していく。(映画.COMより抜粋)

 


6月23日(土)公開映画『女と男の観覧車』日本版予告編

 

監督:ウッディ・アレン
制作:レッティ・アロンソン/エリカ・アロンソン/エドワード・ワルソン
出演者:ケイト・ウィンスレットジャスティン・ティンバーレイク/ジム・ベルーシ/ジュノー・テンプル/ジャック・ゴア/他
配給: ロングライド
制作国: アメリカ(2017年)
上映時間:101分 

 

ここから先はシネマナビで紹介された映画『女と男の観覧車』の内容について触れるため、“続きを読む”をクリックしてください。

 

 

救いのない話を面白く観てしまう自分に対し、ワイドショーを否定しながらも今日ミホにで見てしまうのと同じだなという気がする吾郎さん。吾郎さん自身はそんな人の愚かさをあざ笑う作品を作るウディ・アレン監督自身も実は、今不幸だったら……と思ったそうですが、案外、人は幸せだろうと不幸せだろうとそういう露悪的なものを好む傾向があるのかもしれないね。でも、そんなウディ・アレン監督の作品を観て、彼が幸せならいいけれどと思ってしまう吾郎さんは優しいね。