- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

11月2日21時 AbemaTV『72時間ホンネテレビ』

怒涛の休日は、穏やかな青空が広がる朝に始まった。

 

 

【AbemaTVとは】 
AbemaTV(アベマティーヴィー)は、PC・スマートフォン向けのライブストリーミング形式であるインターネットテレビ(放送事業者ではない)。サイバーエージェントテレビ朝日が出資して設立した株式会社AbemaTVが運営している。
Wikipedia『AbemaTV』より

 

もし動きがあっても10月16日の本格始動からだろうという思い込みの中、突然の情報に騒然とし、一気に活性化し始めます。これまでJ事務所のネット関連禁止のためにほとんど触れてこなかった「AbemaTV」という存在に、そもそも「AbemaTV」とは?と慌ただしいスマヲタ界。

さらに慎吾くんはすでにネット記事などで写真が公開されていますが、まさかのここで吾郎さん、剛くん、慎吾くん3人の写真が解禁されているという事実……というか、マジで久々のメガネなし吾郎さんのお姿を拝見し、その可愛らしさに眩暈が。皆様、知っていらして。あの人、あれで今年の12月になれば44歳になるんですって(震え)

その「AbemaTV」で14時から放送された内容はといえば、

 

 

日時:11月2日(木)21時00分~11月5日(日)21時00分

チャンネル:AbemaTV SPECIALチャンネル

 

【番組概要】
「AbemaTV」に稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が出演決定!!
新たなスタートをきった3人が、72時間ぶっ通し生放送に挑む!丸々3日間、視聴者の皆さんの声にホンネで応えていきます。

自分たちの声で「ありのまま」を伝えるため…ついに3人がSNSを解禁!
Twitterをはじめるだけでなく、なんと「インスタグラマー香取」「ブロガー稲垣」「YouTuber草彅」が始動!各SNSで3 人の「ありのまま」を発信していきます!
11月の3連休、あなたも何が起こるかわからない前代未聞のこの大事件の目撃者になる!番組に関する情報はAbemaTV公式Twitter(@AbemaTV)で随時お届けしますので、お見逃しなく!

 

というわけで、「AbemaTV」というこれまで出演することが出来なかったインターネットテレビに72時間生放送で出演という展開に加え、吾郎さん、剛くん、慎吾くんがそれぞれにTwitterやブログ、インスタグラム、YouTubeという各SNSを駆使し、自分たちの本音を発信していく形を取ることに。

それぞれのTwitterアカウントのフォローなど、目に見える形での数字も大切ですので、よろしければ各SNSのフォローをお願いします。

※各種SNSにつきましては、『新しい地図』公式HPからのリンクをご利用ください。

ちなみに吾郎さんのAmebaブログでは、投稿があった際のコメントはもちろんのこと、「読者数*1"いいね!"などの数字も大切になっていきます。こちらに関してはアメーバ―ID*2が必要となりますので、もしよろしければ新規登録でアメーバ―IDを取得し、まずは吾郎さんのブログの「読者になる」を申請してみてはいかがでしょうか。⇒https://www.ameba.jp/ 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 読者登録の仕方

アメーバ―IDを取得したら、吾郎さんのブログへ行って「読者になる」をクリック。

f:id:kei561208:20170925081233j:plain

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 読者登録の種類を選択

f:id:kei561208:20170413024747j:plain 「相手に知らせず読者になる」

読者になったことを相手に知らせず登録できます。更新通知をメールを受け取りたい方は、下にある"メールでの更新通知を受け取る"にチェックを入れてから「読者に登録」を押してください。

f:id:kei561208:20170413024747j:plain 「相手に知らせて読者になる」
読者になる相手にメッセージを送り、読者登録の申請。承認を得ると、相手のブログサイドバーにある「読者一覧」と、自分のブログの「お気に入りブログ」にリンクが掲載されます。また、更新通知をメールを受け取りたい方は、下にある"メールでの更新通知を受け取る"にチェックを入れてから「読者に登録」を押してください。

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 読者登録が完了

読者登録が完了すると、ご自身のマイページにある"チェックリスト"の項目にブログの更新情報が表示されますが、投稿が一つもない状態ですと表示されませんのでご注意ください。

※更新通知メールの受け取りを変更したり、読者登録の削除を行ったりは、「設定」>「各種設定」> 「読者の管理」>「読者になったブログ」から行えますのでお試しください。

 

なお、今回の「稲垣・草彅・香取 3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」見逃し視聴の対象外となります。「見逃し配信」とは、放送された番組を放送終了後も好きな時に視聴することができる機能のことですが、今回は対象外となるため、リアルタイム視聴のみと限定されます……72時間もリアルタイム(遠い目)

要は基本的には録画できない番組ですのでご注意ください、ということです。

そして夜にはさらなる仕掛けの発表が、

 

 

もう本当に吾郎さんが可愛いすぎる案件について許されるのであれば長々と語りたいのですが……というか、お泊りとはどういうことかね。

『新しい地図』の設立報告から怒濤のような日々ですが、考えたらこういう人たちでしたw とはいえ、想像している以上に早いスピードに困惑している部分もありますし、実際、このスピードに対して拒否反応を示している方がある一定数いらっしゃるのも理解しています。素早ければ素早いほど、アンチを生み出してしまう部分もあるとは思います。だからこそ、彼らのファンの皆さまにはより一層高らかにこれからの彼らへと応援の声を上げてほしいなと思います。

良くも悪くもメディアの注目を集めている今、その注目度を逆手にとってメディアを上手に使っての展開。このスピードダッシュで期待値を上回る数字となれば、これからの彼らの活動を応援する形になれるはずです。当日は盛り上げて視聴を、そしてコメントをたくさんして、彼らの背を押す応援をしていければいいなと思います。

⇒というか、よく考えたら私のブログ、記念すべき吾郎さんの初写真掲載でした✨

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 関連ネット記事 

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp

mdpr.jp

*1:読者登録をすることで、そのブログの更新情報をマイページの「チェックリスト」やメールで受け取ることができる機能

*2:無料

『編集長 稲垣吾郎 #38』(2017.09.20放送分)

9月20日(水)に放送された『編集長 稲垣吾郎』の第38弾。

 

f:id:kei561208:20170421145132p:plain

 

吾郎稲垣吾郎です。僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組。今週はどんなネタが届いているんでしょうか。さあ、“編集会議を始めよう♪”」
2017年9月20日(水)『編集長 稲垣吾郎 #38』より一部抜粋

 

■「GORO's Column」……編集長、こんばんは。すっかり夜も涼しくなって、もう秋だなと感じます。以前、吾郎編集長のお友達からリンゴをもらうという話をされていたことがありました。私も父と母の実家が長野なので毎年リンゴをたくさん送ってもらいます。長野のリンゴ、本当に美味しいです。包丁を入れてパキッと割った瞬間の香りが広がる感じとか、とても幸せな気分になります。秋はリンゴ以外にも美味しいものがたくさんありますが、吾郎さん何がお好きですか? ちなみに私は梨が大好きです。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain うん、フルーツ、いいですよねえ、この季節。そうだなあ、あのマスカットとかね、ブドウなんかも今どんどん出始めてますよね。夏終わりぐらいから、うん。最近では長野なんかでは有名なナガノパープルとかさあ、要するに巨峰の種がないようなね。ピオーネみたいなものとか、いろんな品種があったりとかして、うん。
後はですね、結構ブルーベリーもいいですね。ブルーベリーもちろん長野じゃなくても採れるとは思うんですけれども、うん。摘み立てのブルーベリーとか結構、それこそ長野県のねえ、知り合いの家から送っていただいたりとかして、うん。なんか甘いだけじゃないんですよね。ブルーベリーって何か甘さが何か大事、みたいなふうに思ってたんですよ。元々ちょっと酸が強いものなので。でも何か海外のものなんかだと凄く甘いブルーベリー多いんですよ、アメリカのものとかね。オレゴンとか、メキシコとかあるんですけど。だけどね、何か甘さで言ったらやっぱりこう敵わなくても、何かフレッシュな感じと言うのかなあ。その酸味や瑞々しさという意味で、この国産のブルーベリーでね、知り合いが送ってくださるのが、もう何とも言えない、はい。ヨーグルトに潰して入れたりとか、うん。いろんな食べ方があるんで、最近ブルーベリー何かにもね、ちょっと編集長は凝っているんですけれども、はい。

 


Alanis Morissette - Crazy (Video)


■「GORO's Search」……今週の「GORO's Search」は皆さんから届いたお便りをご紹介いたします。まずは東京都大田区にお住まいのAさんです。

f:id:kei561208:20170413024747j:plain 初めてお便りいたします。1月の放送のときだったか、『玉造温泉』の話をしていたので行ってみたくなり、先日娘と二人で『玉造温泉』へ行って参りました。玉造湯神社で自分だけのお守りを作ったり、途中で足湯に入ったりして楽しい1日を過ごしました。またどこかいいところがあったら紹介してください。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain ほう、わざわざ行かれたんですね、ありがとうございます。

玉造温泉』、ふ~ん、神社があったりね、はいはいはい。お守り作って。へえ、良かったです、何か役に立って。何かいい思い出を作る事が出来たんだったらね、あのすごい嬉しいです、僕も。はい。

tamayado.com

f:id:kei561208:20170413024747j:plain 私は先日、福島県に旅行に行きました。編集会議にも取り上げられた常磐線に乗る旅です。小名浜を観光して、温泉に泊まって、さらに常磐線で北上。現在も竜田駅から浪江駅まで電車は動いていません。なのでその区間代行バスでの移動になります。今も帰宅できない人達がいる街をバスに乗って走っていると胸が締めつけられる思いでした。私たちが使う電気を発電するために働いていた発電所の事故で、今までの生活ができなくなった人がいる。復興のために出来る支援はいろいろあると思いますが、今の自分の生活でなるべく電気を使わないようにするというのも大事なことだと思いました。また、行きたいと思います。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain う~ん、行かれたんですね。ねえ、ご紹介させていただいて、何かニュータウンが出来たってね。何か僕もすごく行ってみたいなあってところで、その街の方とお話させていただいての紹介させていただいたんですけれども。
そうか、今もでも竜田から浪江っていうのは電車が動いてないんですね。こういったインフラと言うか、交通手段ももっとスムーズになって、ねえ、復興してもらいたいなと思いますけれども。う~ん、でも本当、このあの~Hさんも仰ってるとおり、やっぱり一人、ひとりの、まあ、小さな心がけですよね。本当に、うん。今の自分の生活、なるべく電気を使わないようにするって、まあ、僕、今正直言われてハッとしちゃいましたね。やっぱちょっと、そんなこともついね、忘れてしまっちゃったりするときもあるじゃないですか、うん。まあ、でも何かこうやって、ねえ。リスナーの皆さんとお話をさせていただくことで、何か今、僕も気づいたこともあったりもしたので、はい。もうね、このHさんも編集部に異動してください。これ、そもそもさ、Hってこれ記者ってことでしょ。神戸にお住まいの。編集部ですよ、もう、あなたは。はい。

山元町ホームページ トップページ

 

f:id:kei561208:20170413024747j:plain 私はこの夏初めて人間ドックに行ってきました。結婚してから何十年もきちんと診察をしてもらったことがないので、一つ、一つがドキドキの連続でした。特に悪いところもなく健康と思っていましたが、結果を見ると"胃にポリープあり"とか、"酷い貧血"とか、"乳房に石灰化"など思っていたよりもいろいろな診断が出てショックを受けました。とは言え、今ではネットで調べることができたり、気になったら病院に行けば大丈夫かなと思って普通に生活しています。吾郎さんは年に2回人間ドックに行っていると聞きましたが、今でも行ってますか? 結果次第では病院に行きますか? 人間ドックの先輩としてぜひアドバイスを。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain え、これ、でも人間ドック行ってKさんは胃にポリープがあったり、乳房の石灰化とかが診断されたってことですよね。これはでも病院行ったほうがいいんじゃないかなあ。ねえ、ネットで調べることもできますけれども。でもねえ、僕、やっぱこのネットの情報って助けられることが多いですけど、不安にもさせられるから。ない? 体調とか悪いときとかさあ、やっぱ病気のときとかってネットもちろん見て、凄く本当にいろいろと親切に書き込んでくださって為になることの方が多いんだけど、不安になることも多いでしょ。だからやっぱり診断されたんだったら、これ病院にまず行かなきゃいけないんじゃないのかなって僕は思うんですけどね。どのぐらいのことなのかも、ちょっとこれでは分からないんだけど。ちょっと心配なので。やっぱりその辺は神経質になっても全然ねえ、悪いことではないと思うので。神経質過ぎるのも良くないですけれども。まあ、Kさんに関してはちょっとこれは病院に行った方がいいんじゃないのかなって、あの、このお葉書きの印象ではね、僕は思うんですけれども、うん。
まあ、僕は人間ドックの先輩ってこと言える程ではないです。年に2回っつてもたまに行き忘れてちゃうときもあるので。まあ、一応年に2回人間ドックに行ける、そういうシステムのやつをやってるんですけれどもね、うん。そうなんですよねえ。
言いましたっけ、この間、胃カメラ麻酔しないで飲んだって。あの、あの~いや、笑気麻酔はするんですよ、喉に。あのそもそも胃カメラって、まあ、大切な診断だと思うんですけど、あの~静脈麻酔で寝てしまっている間に胃カメラが終わるってパターンと、後もちろん笑気麻酔だけ喉にして、やっぱ意識のある中で胃カメラ入っていく、モニター見ながら。まあ、主にそっちが多いと思うんですよね。ただ本当に何か苦手な人とか、やっぱり意識失った状態で、あ~、まあ、静脈麻酔をちゃんとしてもらって、あの~カメラ1回検査してもらうっていうのもあると思うんですよね、うん。で、僕は今まであのどっちかって言うと静脈麻酔でちゃんと、あっという間に気づいたら終わっているっていうのしかやったことなかったんですけど、去年やったときは"大丈夫だよ、大丈夫だよ"って何か結構周りの人も言ったりとか、何か自分で胃カメラ入っていくのをモニターで見ながら出来るし、慣れだし。うん、上手な人だったら全然平気だよって何て、結構いろんなお友達とか、周りの人達にアドバイスしていただいて胃カメラ飲んだんですよね。喉の麻酔だけで。
もう、これが辛くて大変でしたよ。ああ、やっぱ、やんなきゃ良かった。これでもねえ、やっぱり人によってねえ、感じ方違うんじゃない? まあ、皆さん、オエッてなるんですよね。3回ぐらい来るんですよね、1カ所、2カ所、3カ所ぐらい。約、どのぐらいかな。2~3分ですかね、うん。看護師さんにずっと背中をさすってもらいながら、身体震えるしさあ。何かこう衝撃でしたねえ。でもそれ全然大丈夫だったっていうお友達もいたりとか、感覚、人によって違うんでしょうねえ。どっちがとは言えないんですけど、僕もね。まあ、でも今までどおりのパターンでこれからはお願いしますっていう風にしたいですよね、うん。と思いましたけれども。でも凄く上手な先生で、ちゃんとねえ、隅々まで見ていただいて。まあ、でもそれからまた1年近く経つので、うん。そろそろまた検査に僕も行かなきゃなあと思うんですけれども、はい。まあ、でも皆さん、ねえ。大切だと思うんで、早期発見早期診断って言うのは。

 

f:id:kei561208:20170413024747j:plain 男ネイル、全く知らなかったので興味深かったです。吾郎さんが爪を噛む癖をあんなに気にしていたなんてちょっと驚きでした。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain 爪噛む癖、気にしてますよねえ、本当に。恥ずかしいですから、うん。男ネイルねえ、面白い。まあ、これもまだ行けてないんでね。そうだね、そうだね、"行きますよ"ってまた言ってましたね、また調子いいことをね、はい。ちょっと行ってきたってちゃんと報告をしたいですね。何か、皆さんから"行ってきました"っていう報告ばかり受け取ってて、自分が行ってないので何か、ちょっと申し訳ない気持ちになっちゃうんですけれども、はい。

otokonail.com

⇒第1回放送の「GORO's Search」で案内した『玉造温泉』から復興途中の東北、最近の『オトコネイル』の感想まで、本当にこの「GORO's Search」が幅広いジャンルを取り上げているのはわかります。そして人間ドックの話で、胃カメラ麻酔しないで飲んだという吾郎さんに"ええっ!"と驚く声のスタッフさんだとか、笑い声だとか。リスナーに話しかけつつ、目の前にいるスタッフさんとの会話も楽しむ吾郎さんが本当に大好きですし、そのちらりと聞こえてくるスタッフさんとの対話に、彼らの距離の近さを感じるのも大好きです。ちなみに胃カメラは鼻からが個人的にはオススメです。

 

■「GORO's Break Time」……リクエストしたいのは斉藤和義さんの『僕の見たビートルズはTVの中』です。とてもシンプルでストレートに届く歌詞が好きで、よく聞く1曲です。ぜひお願いいたします。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain ふ~ん、斉藤和義さん、好きですよ。はい。曲もね、作っていただいたりとか。共演もさせていただいて。へえ、面白いタイトルですね、これね。『僕の見たビートルズはTVの中』。う~ん、まあ、そうだよね、世代的に。ねえ、僕なんかお父さんとかがビートルズ凄い好きで、家でかけてたんですけどね。でもそのときは多分、ジョン・レノンさんも亡くなって、ビートルズももちろん解散した後だったのでね。いかにビートルズが偉大だったかということをよくお父さんに話を聞かされながら、日曜日の午前中とか流れてた記憶があるので。う~ん、好きな曲いっぱいありますよ。うん、『ペニーレイン』とかね、もうあげたらキリがないか。アルバムもね、ラバー・ソウルとかも好きですし、うん、アビイ・ロードとかもいいですよね。もう本当に名曲というか。ねえ、もう知らない曲がないとかって凄いよね。ビートルズってねえ。うん。

何か、僕の中ではね、結構、何かクラシックをかけるのでもないし、何か派手にラテン系の音楽をかけるのでもないし、何かロック、激しいロックでもないなあ。うん、ボサノバだとまったりしすぎたよなあ。あ、じゃビートルズかけよう、みたいな。まあ、最後に来るって訳ではないんですけど。何かこう、どんな気分にも嵌まりますよね、ビートルズの曲ってね。どんなシチュエーションにもね。何となくBGMとしてつけてることが僕も多いんだよね、うん。大好きな曲もいっぱいあるんですけれども。
まあ、きっと斉藤和義さんもすごく思いが強いんでしょうね。ちょっと知らない曲なので聞いてみましょう。

 

f:id:kei561208:20170411005834j:plain 斉藤和義さん『僕の見たビートルズはTVの中

 

■「GORO's Essay」……この間の『ゴロウ・デラックス』光浦靖子さんの回で羊毛で出来たダチョウをプレゼントされてましたね。ダチョウが吾郎さんの胸ポケットに収まってめちゃくちゃ可愛かったです。ダチョウのつぶらな瞳と吾郎さんのつぶらな瞳がとても可愛くて面白くて、長年連れ添った相棒のようでした。

その後、あのダチョウは家で保管されてますでしょうか? 羊毛や手芸に興味は湧きましたか? ぜひ教えてください。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain 光浦さんもね、久々にお会いして。でも何か改めてあんなゆっくり二人で話すとか、あんまり番組のゲストでなかったんで。ま、めちゃイケさんとかに出させてもらうときに共演っていうのはあったんだけど。しかも光浦さんがあんなに手芸のプロ。ねえ、凄いっすよね。あんな面があったのもあんまり分かんなかったんですけど。ダチョウ、ありますよ、今でも、ちゃんと。そんなマネージャーさんの車に置きっぱなしなんてことはないですよ。まあ、でもね、何か物置部屋の端っこの方に一応置いてあるって感じですかね、うん。いや、だって結構あれ作るの大変だったと思うし、ねえ。僕も作りましたよ、クマをね、うん。あれはスタッフに取られちゃったのかな、うん。
ね、面白かったですけども、ま、興味湧くって僕は、やったりはしないですけどね。いいんじゃないですか、でもこれ。結構嵌まりますよ、でもやると。針、プチプチ刺して。うん、何か時間つぶしになるっちゃちょっと光浦さんに悪いですけど。ストレス解消にもなるし、はい。


■「GORO's Music Library」……編集長さんへ。SMAPさんの『Joy!』を作られた「赤い公園!*1」のボーカルの佐藤千明さんが8月31日をもって脱退されました。その佐藤さんが歌う最後のシングル『journey』をリクエストします。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain ふ~ん、お会いしたこと多分ないと思うんですよね。あの曲、提供していただいた「赤い公園」って言うんだって思って。アルバムとか聞かせていただいたりとかして。ま、『Joy!!』も凄い、ねえ、可愛らしくて素敵な曲だったので、うん。そうなんだ。これボーカル、ソロデビューするっていうことなんかね。どうなんでしょうね、ボーカルの方が脱退って。ふ~ん。
でも、2012年にメジャーデビューでね。結構もう5年やられてたんですね。2014年には日本レコード大賞も、優秀アルバム賞も受賞されたりとかして。何か可愛らしい音の、ねえ、あの僕、凄い好きなバンドでしたけれども。そうなんだ、へえ。これからも音楽を作り続けて、歌い続けてもらいたいなと思いますけれども、はい。まあね、そんなIさんのこのエールですね、この曲、最後のシングルだそうです。

 


赤い公園 - 「journey」 Music Video

 

吾郎「皆さんからのメッセージをお待ちしております。季節感のある話や、ちょっと僕に聞いてみたいことがある方は『Goro'sColumn』に。特集コーナーに取り上げて欲しいことがあれば『Goro'sSearch』。リクエストは『Goro'sBreakTime』へ。お仕事やプライベートな話題は『Goro'sEssay』へ。
メールのアドレスは“goro@joqr.net”。ハガキの方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。それではまた来週、バイバ~イ♪」
2017年9月20日(水)『編集長 稲垣吾郎 #38』より一部抜粋

 

⇒色々と漏れ聞こえてくる聴取者の反応に一部思う部分もなきにしもあらずですが、まあ、稲垣吾郎がお送りするラジオ番組『編集長 稲垣吾郎』はバックボーン抜きに聴いても普通に面白い内容だと思うので、聴取される方々には単純に吾郎さんのラジオ楽しんでいただけたらなとは思います。本人はそういう人の気持ちも理解した上でラジオしている気もしますけれど。

 

【編集後記 2017年9月20日(水)#38】

今回の「編集長 稲垣吾郎」は皆さんからのレポートを基に「編集会議」を実施!

 

多くのリスナー記者さんからアクティブに取材したレポートを頂いています。
その一部や、特集コーナーの感想などをご紹介しました。

 

引き続き、曲のリクエストや、「私は〇〇女子です」という情報、吾郎編集長に取り上げて欲しい話題を送ってくださいね!!


2017年9月13日(水)『編集長 稲垣吾郎 #37編集後記』より 

 

www.joqr.co.jp 

*1:ギターの津野米咲が作詞と作曲を担当する(アレンジは菅野よう子

公式ファンサイト『新しい地図』始動!

 

2017年9月22日(金)それは突然始動した。

 

 

atarashiichizu.com

2017年9月8日(金)付にて様々な経緯から30年という年月お世話になった事務所を退社して約2週間が経ち、吾郎さん、剛くん、慎吾くんの公式ファンサイトが本日始動。しかもそれをニュースとして告知していたのは、翌朝の朝刊に新聞広告で彼らの公式ファンサイトのお知らせを掲載する予定の朝日新聞のみ。

 

www.asahi.com

 

 

 

東京新聞朝日新聞の2紙のみ掲載された広告。

 

f:id:kei561208:20170922183959j:plain

 

なぜ新聞に公式ファンサイト『新しい地図』の告知を掲載したかの経緯につきましては、彼らの窓口をしている弁護士曰く、

 

『ご報告』

 

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3氏は、本日、新聞紙上に広告を掲載してオフィシャルファンサイトを創設したこと、また同サイト上においてファンクラブを立上げたこと等を報告しました。
皆様に報告するにあたって、まず新聞紙上で広告を掲載するという方法を選択したのは、ファンの方々からいただいた暖かい言葉・応援の数々に3氏がどれだけ助けられたか計り知れないものがあり、その感謝の気持ちをファンの方々に伝えることを何よりも優先したいとの、3氏たっての希望によるものです
マスコミの方々におかれましては、この3氏の想いをなにとぞご理解いただきたく存じます。

 

また、3氏は、今後のクリエイティブなアーティスト活動を株式会社CULEN(カレン)とともに展開していくことを決定しましたので、あわせて報告いたします。
株式会社CULENとの関係は、単なるタレントとエージェントとの関係を超えて、クリエイティブ面におけるイコール・パートナーとして、互いにアイディアを出し合いインスピレーションを与えあって新たなエンターテインメントを創り上げていく形を目指しています。

 

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾は今後より一層精力的に活動して参りますので、引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。
2017年9月22日担当窓口弁護士FAXより

 

東京新聞朝日新聞の2紙に限定されたのは、一連の騒動の中、ファンがその2紙の新聞広告を使い、彼らへと応援メッセージを掲載した経緯があり、今回、公式ファンサイトが立ち上がったのを機に、ファンへの返礼という形を取ったと思われます。

公式ファンサイトは10月16日(月)より本格始動していきますが、まずは公式ファンサイトにある動画をどうぞ。 

 

 

 

以前、『めざましテレビ』で吾郎さんが出演された際の、(退所することでファンが心配するのではないかという声に対しその心配に応えられるように。うん、皆さんの中で何か欠けてしまっているものとか、ロスしているというか、それをまた満たしていかなきゃいけないなとはもちろん思いますし……」というコメントがまさに具体的な形となって、想像した以上に早く示されたように感じます。

そして改めて10日間の突貫作業とは思えぬクオリティの高さにワクワクと期待に胸躍らせる自分もいて、ああ、これを待っていたんだともしみじみ実感します。そう、次は何をするんだろう、次はどんな姿を見せてくれるのだろうかと。前の自分自身を超え、新しい地図を塗り替え、一歩、一歩確実に行きたいと思う方向へ、やりたいと思うことに歩み続けていく背を追いかけていきたいのです。ただ、願いはそれだけなのです。

なんというか、公式ファンサイトにある青空のように、世界はこんなにも明るく、こんなにもキレイであることを思い出した感じです。それを吾郎さん、剛くん、慎吾くん、そして彼らを信じ、彼らと共に歩んでくださるスタッフの皆様が思い出させてくれました。改めて感謝したいと思います。本当にありがとうございます。そして、これからもどうかよろしくお願い致します。

そのためにはまず目に見える形での応援ですね。

クレジット払いが大丈夫な方はファンクラブの会員を、クレジット払い不可の方は10月16日以降はコンビニペーパーレス/Pay-easy決済でも申込できますのでその日までお待ちいただくとして(銀行振込はメールアドレスがない方のみ対象)、TwitterFacebookInstagramLINEYouTube、さらには中国在住の方のための微博(weibo)*1など、ご自身が使用しているアプリ等があればフォローすることが大事かと。ちなみに情報更新順は、InstagramTwitterFacebook→LINEで、同一の内容がUPされているようです。時間差も1時間はないので、無理してそれぞれのアプリをダウンロードしてアカウントを取得、フォローするよりはこのうちのどれか1つでもフォローしておけば大丈夫だと思います。

ありとあらゆるタイプのSNSを駆使してネットから情報を発信し、海外のファンにも開かれたファンサイト……きっと、これまでもこういう形の発信をして、自分たちを応援してくださるファンの声に応えたかったのだろうなあと思います。もちろん、本格始動はまだまだ先の話になりますし、彼らが仕事の上での新たなる歩みをし始めるのにももうしばらく時間はかかるかもしれませんが、想像していた以上に閉塞感が漂っていた中に大きな風穴が開いたなと。その開かれた感が実に心地いい。

本格始動となる10月16日(月)以降、彼らがどんな歩みをファンの前で見せてくれるのか、期待して待ちたいと思います。

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain ネット記事

www.oricon.co.jp

www.itmedia.co.jp

www3.nhk.or.jp

digital.asahi.com

*1:ユーザー数5億人の中国最大SNS。中国ではTwitterなど制限されているため、TwitterFacebookの要素を併せ持つ微博(weibo)がSNSの主流。