- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

シネマナビと『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』

5月9日(水)発売【anan No.2101】の稲垣吾郎シネマナビ!では『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル(2018年5月4日(金)全国公開中)を紹介。

 

f:id:kei561208:20180509233844j:plain

 

《あらすじ》
貧しい家庭で厳しく育てられたトーニャは、努力と才能でフィギュアスケーターとして全米のトップ選手への上り詰めていく。92年アルベールビル五輪に続き、94年のリレハンメル五輪にも出場するが、92年に元夫のジェフ・ギルーリーが、トーニャのライバル選手を襲撃して負傷させた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を引き起こしたことから、トーニャのスケーター人生の転落は始まっていた。(映画.COMより抜粋)

 


『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』予告編(5月4日(金・祝)公開)

 

監督:クレイグ・ギレスピー
製作:ライアン・アンケレス/マーゴット・ロビー/トム・アッカーリー
出演者:マーゴット・ロビーセバスチャン・スタンアリソン・ジャネイ/ジュリアンヌ・ニコルソン/ポール・ウォルター・ハウザー/他
配給: ショウゲート
制作国: アメリカ(2017年)
上映時間:120分 

 

ここから先はシネマナビで紹介された映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』の内容について触れるため、“続きを読む”をクリックしてください。

 

 

1994年のリレハンメルオリンピックの全米代表選手会で起こったフィギュアスケート界の大スキャンダル事件のトーニャ・ハーディングの半生。

シネマナビはこれから映画を観ようという方に向けたレビューだけあり、ネタバレなしの説明の塩梅がとても上手いけれど、同時にこれから映画を観る人に伝えておいたほうがいいことの説明もきちんと入れてくれるところもいいと思うの。

今回でいえば、"事件の真相を追求する映画ではありません。個々の証言が食い違う部分もそのまま映像化していて、事の真相は分からない。だから観ている側は振り回されるんですが、だからこそ面白いともいえますね"と事前に観る側の意識を促すところとか。