- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

シネマナビと『心と体と』

3月28日(水)発売【anan No.2096】の稲垣吾郎シネマナビ!では『心と体と』(2018年4月14日(土)全国公開予定)を紹介。

 

f:id:kei561208:20180329024841j:plain

 

《あらすじ》
ブダペスト郊外の食肉処理場で代理職員として働く若い女性マーリアは、コミュニケーションが苦手で職場になじめずにいた。片手が不自由な上司の中年男性エンドレはマーリアのことを何かと気にかけていたが、うまく噛み合わない。そんな不器用な2人が、偶然にも同じ夢を見たことから急接近していく。(映画.COMより抜粋)

 


映画『心と体と』予告編

 

監督&脚本:イルディコ・エンエディ
製作:アンドラシュ・ムヒ
出演者:アレクサンドラ・ボルベーイ/ゲーザ・モルチャーニ/レーカ・テンキ/エルビン・ナジ/タマーシュ・ヨルダーン/他
配給: サンリス
制作国: ハンガリー(2017年)
上映時間:116分

 

ここから先はシネマナビで紹介された映画『心と体と』の内容について触れるため、“続きを読む”をクリックしてください。

 

 

なぜか同じ職場に勤めている男女が互いに知り合う前から同じ夢を見ていた。という不器用な男女の愛の物語。女性の監督だからこそ、性的要素もなく、ただそこにある美しいものとして見ているからなのか、女性の研ぎ澄まされた美しさが撮れていると。 一方で裸の場面でキレイには見えなかった部分が不満だと吾郎さんは言います。そう、女性性として見てはいないからこそ、もっとその部分を突き詰めるとより美しく見えるはずだという不満。そういう意味では監督が男性であるか、女性であるかによって、どう見え方が違ってくるのかがわかって面白いなと思いました。 

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 公式Twitter