- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

『編集長 稲垣吾郎 #63』(2018.03.14放送分)

3月14日(水)に放送された『編集長 稲垣吾郎』の第63弾。

 

f:id:kei561208:20170421145132p:plain

 

吾郎稲垣吾郎です。僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組。今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、編集会議を始めよう♪”」
2018年3月14日(水)『編集長 稲垣吾郎 #63』より一部抜粋

 

■「GORO's Column」……編集長、こんばんは。7年前、娘の5歳の誕生日にお料理道具セットをプレゼントしたというハガキを読んでいただいた者です。あのとき吾郎さんに"娘さんがお料理好きになるといいですね"と言っていただきました。当時5歳だった娘ももう12歳になり、もうすぐ小学校を卒業します。卒業文集に将来はお料理関係の仕事がしたいと書いたそうです。お料理を手伝うのが好きだから苦じゃないそうで、私が体調の悪いときには1人で夕飯作りを任せられるようになりました。本当にありがたいです。そんな娘の夢をこれからも応援したいと思っています。吾郎さんは小学校のころ、夢はありましたか。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain うん、すごいね。もう12歳でお母さんの代わりにできるくらいって。うん、まあ、本当に料理好きになれて、なっていただいて良かったです。僕も嬉しいですね、これは、うん。将来は何だろうね、料理関係の仕事ね、うん。まあ、でもねえ、やっぱり女性、これ料理作れるともう男性のハートもつかめますからね。いいんじゃないでしょうかね、お仕事やるにしろ、やらないにしろ。このころからちゃんとお料理やってね、お母さんの背中を見ながら、料理を勉強するっていいことだなって思いますけれども。
まあ、僕が小学校のころはねえ、う~ん、まあ、具体的な夢っていうのはそこまでハッキリしてなかったかな。でも、やっぱこうアルバムとかを見ると、何かパイロットになりたいみたいな、宇宙船の。何かちょっと冥王星とか、海王星とか、ねえ、そういうもう果てしなく遠い所まで行ってみたい、みたいなそういう何か書いてありましたけどね。何かそういう宇宙とかにすごい興味があって。多分、親に子ども用なのかな。ちょっとした小さい、それでも見える天体望遠鏡みたいなものを一度買ってもらった記憶があってね。それで結構天体を眺めるのが好きで、なかなかあの程度の望遠鏡では星とか発見できないですけどね、もちろん。でもそういう夢が子どものころあって、プラネタリウムに父親に連れて行ってもらったりとか、うん。何かそういう宇宙に興味がありましたねえ。そういうものに対する何か未知のものとか、果てしないもの、永遠とかそういったものに何か憧れがあったんでしょうねえ、うん。

今だったら何かねえ、そんなロケットとか、スペースシャトルとか、絶対乗れなそうですけどね。ただでも飛行機乗るのが怖いって言ってるぐらいなのにね。あのGに耐えられないでしょうけれどもね。まあ、何か僕も漠然とそんな夢が子どものころは持ってましたけどね。

 


Bruno Mars Talking To The Moon (Official Video)

 

■「GORO's Search」……今月11日でですね、東日本大震災から7年となりました。
今回はですね、被災地の話題を特集致します。陸前高田市はですね、岩手県沿岸部の一番南の自治体で、東日本大震災では津波で市街の中心部が壊滅的な被害を受けました。その後、土を盛って土地の高さを上げる嵩上げが行われ、去年3月にはスーパーやドラッグストア、本屋などの商業施設。そして10月には市の図書館がオープンしました。
かつての街の中心部に新しい街ができたことで、街が元気になることが期待されています。ということで、この図書館に来た人に話を聞いてきましたので、こちらをお聞きください。

 

「結構利用してます。一カ所で見て回れるから、買い物しやすいというか、回りやすいというか、はい」
「週一ぐらいで、ま、子どものやつなんで、はい。何か図書とか、読書させたいなと思って連れてきてました」
「本に触れる機会というのも、その本屋さん自体、多くはなかったので。こうやって図書館が出来たことによって興味があるなあという本も見られるようになったので、それがすごく刺激が増えたなと思います」
「買い物できるところが増えたのはとても便利ですし、こう人が集まるところが増えたので、何かこう街に活気が戻ってきたなという感じはします」
2018年3月14日(水)『編集長 稲垣吾郎 #63』より

  

f:id:kei561208:20170403190324j:plain はい、ということで、まあ、良かったですね。街に、本当に徐々にだとは思うんですけれども活気が戻ってきて、うん。ねえ、僕もしばらく行ってないのでね。やっぱり本当にあの震災直後の陸前高田の、ねえ、あの景色っていうのが、やっぱりずっとこう脳裏には焼きついているんですけれども。ねえ、今、写真なんかもあって、こういう人の声を聞くと、ねえ、本当に少しずつですけれど、まあ、復興してるんだなあという、うん。何か少し明るい気持ちにはなれますけれどもね。
さあ、そしてですね。またこの市街地に新たに喫茶店「熊谷珈琲店」をオープンした方がいます。地元で生まれた熊谷幸さん、お客様にどんな店なのかを聞いてみました。
 

「ほぼ毎日に近いぐらい。う~ん、店主の人柄もあるかもしれないけど、やっぱ中心地なので便利っていうか、何かに来たついでにという感じがありますね。まあ、物腰が柔らかくて、まあ、適度に明るくて、ええ、好かれる感じじゃないですかね。可愛がられるタイプなんですね。新しい店っていうのもあっていろんな人が来るから面白いですね、はい」
2018年3月14日(水)『編集長 稲垣吾郎 #63』より一部抜粋

 

吾郎さんが見せていただいた写真に陸前高田は震災直後2回か、3回ぐらいは行かせていただいたんですけれども、最初に行ったときはヘリコプターで行ってね。まだ震災直後だったので、そのヘリコプターから見る景色っていうのがもう本当にショッキングな景色だったというか、今でもやっぱり焼きついてますけどね。(中略)そうですね、それで陸前高田、他の街も行ったんですけれども、でまあ、いろいろ料理を作らせていただいたりとか、番組の企画でねえ、ちょっと行かせていただいて、皆さんと触れ合う時間を作らせていただいたんですけれども。でもねぇ、これ写真で見ると何かだいぶ整理されてきた街並みというか、復旧されているんですね」

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 新しい街

熊谷さんの喫茶店「熊谷珈琲店」がある場所も10メートルほど土を盛った場所に建てていて、まったく何もないところから街が出来ている状態で、1階が喫茶店、2階が住宅になっているそうです。

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 熊谷さんの経歴

熊谷さんご自身は高校まで陸前高田で過ごし、大学で埼玉に出て、その後は東京で別のことをしていたものの、震災を機に戻って喫茶店を始めた。親戚がNPOとして立ち上げていた『りくカフェ』という喫茶店があり、色んな方が集う場所になっているのを拝見し、集いの場を作りたいなと思ったのが喫茶店を始めるきっかけとなったそうです。ただ喫茶店は興味はあったものの、別の仕事をしていたため、何軒か飲食店を経由してからこちらの喫茶店を始めたのだとか。

「りくカフェ」

f:id:kei561208:20170523013943j:plain お店のこだわり

木目の温かい感じが好きだったため、喫茶店内も木目調を活かした作りになっている。おかげさまでいろんな方に来ていただいていると。顧客層は固まりつつありますが、それでも毎日ちょっとずつ新しい顔の人にも来ていただいたりして、実家がタバコ屋でそれを知っている方が来てくれたり、女子高生たちが近所の美味しいケーキ屋さんから取っているケーキを食べに寄ってくれるそうです。ちなみにコーヒーは生の豆を、焙煎機を使ってやっているそうです。ただし、基本的に一人でやっているため飲み物にかかりっきりとなって、食べ物が出来ないという悩みはあるものの、ゆくゆくはとは考えている熊谷さん。

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 今後どうなってほしいか

熊谷さん自身は東京にいるときは地元の陸前高田に戻ろうとは思ってはいなかったのですが、戻ってから陸前高田もいいなあと、人との繋がりとかが出来たのもあって、もっと人との繋がりを大事にして、もっともっと新しい出会いや繋がりとか、新しいことをやっていけたらいいなと思っているそうです。

「そうですねえ。やっぱり未来しかない街ですからね、本当に。新しい街と考えると、ねえ、いろんな思いはまだまだあると思うんですが、でも何か写真を見る限りとかね、町の人の声を聞いてる限り、何か僕もすごく前向きな気持ちになれましたし。
頑張ってください。あのなかなか最近はね、その地域にも伺えてないんですけれども。機会があれば、また」

 

■「GORO's Break Time」……編集長、こんばんは。私がリクエストする曲はサンボマスターさんの『可能性』です。サンボマスターさんの曲は元気が出るものが多いのですが、この曲は特に頑張ろうと思わせてくれます。また、映画「ビリギャル」のエンディング曲になっていて、それも重なって頑張れば何でも出来る気になれます。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain うん、映画「ビリギャル」ねえ。これ、まあ、実際の、実在の塾の先生に『ゴロウ・デラックス』でお会いしてるんですよね。そうそうそう、そうなんですよね、うん。映画版でもね、有村さんが演じられたんですよね。うん、そっかそっか。

 


サンボマスター「可能性~映画『ビリギャル』バージョン~」MUSIC VIDEO 後編

 

■「GORO's Essay」……初めてメッセージします。先日、久しぶりにカフェに行ってきました。一人だったのでカウンターでのんびりしていると、隣の隣の席に常連さんの男の人が来てマスターと話していました。その会話が女子ならよく話すようなガールズトーク、合コンに行って自分のことを気に入ってくれた女性が美人さんで、でもお父さんがガタイのいい警察官だった。その人の妹さんもめっちゃ美人さんだった。料理が趣味って聞いて送って来た台所の写真を見ながら、こんな台所あります?……などなど。スマホを見ながら、つい会話を聞いて心の中で笑っていました。吾郎さんはカフェに行きますか。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain まあ、でも一人でカフェにいたりとか、一人でレストランにいると、やっぱり逆にね、他のお客さんの声がすごく耳に入ってきますよね。ねえ、このMさんは一人でスマホ弄ってたから、やたら耳に入ってきて、結構具体的に話をちゃんと憶えてますよね。
う~、でも男の人もこういうガールズトーク的な、まあ、合コンに行ってとか、ねえ、好きな女性がどうだとか。その人とやり取りしてて携帯に送られてきた写真がどうだとか、まあ、こういう会話はあるんじゃないでしょうかね。そうかそうかそうか、盗み聞きとは言わないけれども、うん。いやでも何かカフェの楽しさ、面白さでもありますよね。何かいろんなもの目に入ってきますしね、人間観察ができたりもしますし。
まあ、僕もたま~に行きますね。そういうところで取材をしたりもしますし、うん。そうですね、まあ後は友だちと、それこそガールズトークじゃないですけど、まあ、お茶をしたりとかね、そういうこともありますし。カフェは好きですよ、うん。

 

■「GORO's Music Library」…… ラジオネーム『吾郎さんとドライブデートしたいちょびハゲ男子』さん。ちょびハゲ男子さんw しましょうよ、じゃあ、ドライブデート。もう30過ぎたんじゃないですか。だって28歳ぐらいだったよね、最初のころ。ねえ、本当に。全く姿が想像つかないという。それではご紹介させていただきます。

f:id:kei561208:20170413024747j:plain 先日、吾郎さんが好きだとブログで紹介していたノルウェーのジャズシンガー、セリア・ネルゴールさんの曲をリクエストします。ブログでは音の粒たちがリズミカルな表情で僕に触れてくる。車内を包み込んでくれるセリアの甘い歌声と紹介されていました。僕もドライブするとき、ぜひ聴いてみたいと思います。素晴らしいアーティストを紹介していただいてとても感謝しています。

 

ameblo.jp

f:id:kei561208:20170403190324j:plain うん。はい、そうですね。昔から好きなジャズシンガーでね。あ、紹介したのは『Let There Be Love』か。そのとき本当にちょうどその曲を聴いてて。何かすごくそういう、まあ、ねえ、”愛はそこにある”っていうね、何か本当に華やかでね、ちょっとアップテンポな曲でね、何か本当にリズミカルなんですよ。その光景が何か本当に何か粒になって僕に触れてくるみたいな感覚で。でもこれ文章にすると結構キザなセリフですね。自分で書いたんですよね。ま、まあ、いいか。上手いですか、ありがとうございます。でも何かそんなイメージだったんですよ。その何か粒がはじけるみたいなイメージで。それがね、この『Let There Be Love』っていう曲だったんですけれども。
でも実は、セリアの中で一番好きな曲って言うのはこれなんですよ、『Be Still My Heart』そう、でもこれ一番有名なんです。『Be Still My Heart』はもしかしたら聴いたらわかる方いると思うんですよ。ちょっとこれ、あのバラードで、うん。
ちょびハゲ男子、やるねえ。ちょびハゲ男子さんがこれ選んでるんだもんね。ドライブしないとね。でもちょびハゲ男子さんとこれ『Be Still My Heart』聴きながらドライブって大丈夫かなあ、うん。女性といるとき聴きたいような曲ですけれどもね、うん。

まあ、でもこれ本当にオススメな曲なんで、ねえ、皆さん聴いてみてください。もしかしたら聴いたことある曲かもしれませんよ。

 


Silje Nergaard - Be Still My Heart 

 

吾郎皆さんからのメッセージをお待ちしております。季節感のある話やちょっと僕に聞いてみたいことがある方は『Goro's Column』。特集コーナーに取り上げて欲しいことがあれば『Goro's Search』。リクエストは『Goro's Break Time』。仕事やプライベートな話題は『Goro's Essay』に。
メールのアドレスは“goro@joqr.net”。おハガキの方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。それではまた来週、バイバ~イ♪」
2018年3月14日(水)『編集長 稲垣吾郎 #63』より一部抜粋

 

【編集後記 2018年3月14日(水)#63】

3月14日の編集後記

3月11日で東日本大震災から7年となりました。
今回の「編集長 稲垣吾郎」は街の中心部が大きく変わりつつある岩手県陸前高田市を取り上げました。

津波で中心部が壊滅的な被害を受けた陸前高田市は、土を盛って土地の高さをあげる「かさ上げ」が行われ、去年3月にはスーパーやドラッグストア、そして10月には図書館がオープンしました。

この市街地に、地元生まれの熊谷幸さんがオープンさせたのが、喫茶店『熊谷珈琲店』です。

大学進学と同時に故郷を離れていた熊谷さん。
震災後、街の中に新しい「集いの場」を作りたいと一から準備を始め、去年10月、お店をオープンさせました。


常連客が毎日のように通ったり、女子高生が放課後に寄ったりするなど、店内は少しずつ賑わいを増しています。


かつては地元に戻るつもりは無かった熊谷さんですが、今では「陸前高田もいいな」と思い始めているそうです。
人が繋がることで、新しいことができれば、と熊谷さんは前を向いていました。

 

【店舗情報】
 熊谷珈琲店(※珈は「カ」の代わりに「幸」)

 <アクセス>岩手県陸前高田市高田町字馬場前72-5
  (JR大船渡線BRTまちなか陸前高田駅下車)
   
<営業時間>
  (平日)  7:00~9:00、11:30~19:00
  (土日祝)  11:30~19:00
   火曜定休日


かわいいクマの看板が目印。
熊谷さんがひとりで切り盛りしていますので、いらっしゃる場合はご配慮くださいね。

2018年3月14日(水)『編集長 稲垣吾郎 #63編集後記』より 

 

www.joqr.co.jp