- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

シネマナビと『ローズの秘密の頁』

1月31日(水)発売【anan No.2088】の稲垣吾郎シネマナビ!では『ローズの秘密の頁』(2018年2月3日(土)全国順次公開予定)を紹介。

 

f:id:kei561208:20180201232701j:plain

 

《あらすじ》
取り壊しが決まった精神病院から転院する患者たちを診察するため、病院を訪れた精神科医のスティーブン・グリーンは、赤ん坊殺しの罪で精神障害犯罪者として40年もの間病院に収容されている老女ローズ・F・クリアを看ることに。自分の名が「ローズ・マクナリティ」であると訴え続ける彼女は、赤ん坊殺しの罪を否認し続け、大切にしている聖書の中に何十年にもわたって密かに日記を書きつづっていた。興味を抱いたグリーン医師に、彼女は半世紀前からの自分の人生を語り始める。(映画.COMより抜粋)

 

 


映画『ローズの秘密の頁(ページ)』予告編!2/3(土)全国公開!

 

監督:ジム・シェリダン
脚本:ジム・シェリダン&ジョニー・ファーガソン
出演者:ルーニー・マーラ/バネッサ・レッドグレーブ/エリック・バナ/ジャック・レイナー/テオ・ジェームズ/他
配給:  彩プロ
制作国: アイルランド(2016年)
上映時間:108分

 

ここから先はシネマナビの『ローズの秘密の頁』の内容について触れるため、“続きを読む”をクリックしてください。

 

 

今週は映像と音楽が吾郎さんの好みにドンピシャな映画。

1940年代の保守的なアイルランドのとある町に越してきたローズに降りかかる物語。そのローズの魅力を大好きなワインに例えたり、そのローズと関わりを持つマイケルが戦闘機パイロットのため、登場する飛行機の話に盛り上がりかけ、映画のシーンでローズが「月光」を弾くシーンに舞台でご一緒されたピアニストの名前を出したり……と吾郎さんらしさ満点のレビュー。何より、現代のパートについてマイナスを言及しつつ、けなすつもりはないと吾郎さん。これが何よりも一番吾郎さんらしいコメントだと思いました。