- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

シネマナビSPECIAL『2017年稲垣吾郎的ベストムービー』

f:id:kei561208:20171221142618j:plain

 

12月20日(水)発売【anan No.2083】の稲垣吾郎シネマナビ!では今年観た全49本を振り返り、ベストムービーを紹介。まずは今年観た49本のリストがこちら。

 

今年観たものリスト<49本>

 

1.「聖杯たちの騎士」(劇場公開日 2016年12月23日)
2.「天使にショパンの歌声を」(劇場公開日 2017年1月14日)
3.「パリ、恋人たちの影」(劇場公開日 2017年1月21日)
4.「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」(劇場公開日 2017年1月21日)
5.「エゴン・シーレ 死と乙女」(劇場公開日 2017年1月28日)
6.「たかが世界の終わり」(劇場公開日 2017年2月11日)
7.「王様のためのホログラム」(劇場公開日 2017年2月10日)
8.「ラ・ラ・ランド(劇場公開日 2017年2月24日)
9.「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」(劇場公開日 2017年2月18日)
10.「ラビング 愛という名前のふたり」(劇場公開日 2017年3月3日)
11.「お嬢さん」(劇場公開日 2017年3月3日)
12.「おとなの事情」(劇場公開日 2017年3月18日)
13.「タレンタイム ~優しい歌」(劇場公開日 2017年3月25日)
14.「はじまりへの旅」(劇場公開日 2017年4月1日)
15.「LION/ライオン ~25年目のただいま~」(劇場公開日 2017年4月7日)
16.「ムーンライト」(劇場公開日 2017年3月31日)
17.「マイ ビューティフル ガーデン」(劇場公開日 2017年4月8日)
18.「カフェ・ソサエティ(劇場公開日 2017年5月5日)
19.「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」(劇場公開日 2017年5月13日)
20.「トンネル 闇に鎖された男」(劇場公開日 2017年5月13日)
21.「ハロルドとリリアン(劇場公開日 2017年5月27日)
22.「怪物はささやく(劇場公開日 2017年6月9日)
23.「20センチュリー・ウーマン(劇場公開日 2017年6月3日)
24.「セールスマン」(劇場公開日 2017年6月10日)
25.「ボンジュール・アン」(劇場公開日 2017年7月7日)
26.「歓びのトスカーナ(劇場公開日 2017年7月8日)
27.「君はひとりじゃない」(劇場公開日 2017年7月22日)
28.「ハートストーン」(劇場公開日 2017年7月15日)
29.「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」(劇場公開日 2017年7月29日)
30.「ブランカとギター弾き」(劇場公開日 2017年7月29日)
31.「海辺の生と死」(劇場公開日 2017年7月29日)
32.「エル ELLE(劇場公開日 2017年8月25日)
33.「パターソン」(劇場公開日 2017年8月26日)
34.「散歩する侵略者(劇場公開日 2017年9月9日)
35.「オン・ザ・ミルキー・ロード(劇場公開日 2017年9月15日)
36.「笑う故郷」(劇場公開日 2017年9月16日)
37.「サーミの血」(劇場公開日 2017年9月16日)
38.「僕のワンダフル・ライフ(劇場公開日 2017年9月29日)
39.「あゝ、荒野(前編:劇場公開日 2017年10月7日)(後編:劇場公開日 2017年10月21日)
40.「婚約者の友人(劇場公開日 2017年10月21日)
41.「ゴッホ ~最期の手紙~」(劇場公開日 2017年11月3日)
42.「彼女がその名を知らない鳥たち(劇場公開日 2017年10月28日)
43.「ノクターナル・アニマルズ(劇場公開日 2017年11月3日)
44.「ザ・サークル(劇場公開日 2017年11月10日)
45.「光」(劇場公開日 2017年11月25日)
46.「ルージュの手紙(劇場公開日 2017年12月9日)
47.「否定と肯定(劇場公開日 2017年12月8日)
48.「希望のかなた(劇場公開日 2017年12月2日)
49.「花筐/HANAGATAMI」(劇場公開日 2017年12月16日)

 

とはいえ、今回は迷いに迷ったため、恒例のベスト3のほかに音楽賞、女優賞、新人賞を各1作品ずつ選んだそうです。さてその結果は……?

ここから先はシネマナビに書かれたベストムービーに触れるため、"続きを読む"をクリックください。 

 

 

f:id:kei561208:20170704134003j:plain BEST MOVIE 第1位『ムーンライト』

十分話題となった作品だけれども、総合点の高さでこの作品が第1位。
kei561208.hatenablog.jp

f:id:kei561208:20170704134003j:plain BEST MOVIE 第2位『ノクターナル・アニマルズ

 トム・フォード氏の映画監督の力量に圧倒された作品。

kei561208.hatenablog.jp

f:id:kei561208:20170704134003j:plain BEST MOVIE 第3位『サーミの血』 

 過去の問題としてあった差別作品。いまだ全世界にある問題だからこそ、こういう映画って必要なんだと語れる吾郎さんは素敵。

kei561208.hatenablog.jp

f:id:kei561208:20170704134003j:plain 音楽賞『LION/ライオン ~ 25年目のただいま ~』

 こちらの作品の音楽は『編集長 稲垣吾郎』でも気に入り、サントラを聴いていると語っていましたね、そういえば。

kei561208.hatenablog.jp

f:id:kei561208:20170704134003j:plain 女優賞否定と肯定

 静と動の演技の温度差に魅せられたと吾郎さん。

kei561208.hatenablog.jp

f:id:kei561208:20170704134003j:plain 新人賞『ブランカとギター弾き』

 絵本にしてほしいぐらいに好きだった作品。

kei561208.hatenablog.jp

 

しかし改めて1年を通して観た作品をベストのために振り返る吾郎さん。もちろん、すべてを全編通してみたわけではないとは思いますが、このベストを選ぶために費やす時間はまたこの1年を振り返る時間でもあったのかなと、ふとそんなふうに思いました。