- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

『anan』+『BRUTUS』+『東京新聞』+『GQ JAPAN』感想

11月2日(木)から『72時間ホンネテレビ』がスタートし、番組終了と共に通常のレギュラー以外の雑誌、新聞などのお仕事が怒濤のように発表され、あれよあれよという間に11月が終了し、気づけば師走。

一応、こちらのお仕事も関連する情報を保存する意味でも残しておこうと思います。

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 『anan NO.2077』発売日:2017年11月8日(水)

magazineworld.jp

 

稲垣吾郎の大人な日々」

弊誌にて好評連載中の「シネマナビ!」でおなじみの映画以外にも、音楽、アート…と、多種多様なジャンルにアンテナを張る稲垣吾郎さん。そんな稲垣さんの日常が垣間見える、最近の関心事とは?

 

ということで吾郎さんの日常のキーワード、散歩、音楽、アート、料理を語り、大人というイメージから自身について、今の環境について、そしてファンについて率直な気持ちを語っていく吾郎さん。特に『72時間』の後で読んだのもあり、”依存や甘えは好きじゃない。さらっとしていたいんですよ”と吾郎さんが語る言葉が胸に迫ってきます。語られる言葉はもちろんですが、ビジュアルも素晴らしく、ヒゲを生やした吾郎さんはまさに今という大人の男が醸し出す色気に溢れています。また普段あまり見られない赤のセーターがオシャレで素敵です。しかし本当にこの人の瞳は、視線は素晴らしい。

f:id:kei561208:20170403184932j:plain 音楽

吾郎さんが特集の「音楽」でいいと言っていたシンガポールのユニット”Aspidistrafly”のボーカリストであるApril Leeさんが、そして同じ“Ironomi”のレーベルさんもである“KITCHEN.LABEL”、吾郎さんが語ったからとTwitterやインスタグラムで反応してくださったので残しておきます。

※吾郎さんの昔からの友人である「LAD MUSICIAN」の黒田さん経由でこちらを知ったそうです。

 

 

 

 

f:id:kei561208:20170403184932j:plain 長山一樹(カメラマン)&S-14インスタグラム

素敵なコメントも記載されていましたので、カメラマンの長山さん、そして長山さんやスタイリストの中兼さんが所属している事務所のインスタグラムもご紹介。コメントは各右上にあるインスタグラムのマークをクリックください。

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain BRUTUS NO.859』発売日:2017年11月15日(水)

magazineworld.jp

 

「私が観なかった理由。」

私は映画を愛しています。でも、大きな声では言えませんが、誰もが当然のように観ているだろう作品を、実は観てこなかったんです。思い返せば、あなたにもそんな作品あるでしょう? これから、その理由を告白したいと思います。聞いてください。私の言い分を。

 

というコンセプトで始まった今回の「BRUTUS」の“いまさら観てないとは言えない映画特集”……吾郎さんは「観てない映画に隠された僕のコンプレックス」と題し、超有名だけれども観ていない映画の告白と、そこから自身へのコンプレックスへといつもとは違った視点で語られる内容は面白いです。また他の方々の語られる内容も頷けたり、意外にも自分も観ていない映画が多いなと楽しめる内容になっています。

 

f:id:kei561208:20170403184932j:plain BRUTUS公式Twitter

 

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 東京新聞 稲垣吾郎さんの読書 発売日:2017年11月20日(月)

 

 稲垣吾郎さんの読書」

今週は、読書の秋にぴったりのゲストが登壇です。著名な作家をゲストに招いてトークするバラエティー番組「ゴロウ・デラックス」(TBS、毎週木曜深夜0時58分~)で長く司会を務めているタレントの稲垣吾郎さんに、読書の楽しみやお薦めの本について語ってもらいました。

 

これまで『ゴロウ・デラックス』で地道に活動してきた形がこのように花開くとは嬉しい限りですが、また東京新聞に掲載されたときに名前が出たと作家の皆様方がお忙しい中、すぐ反応して声を上げてくださったのも嬉しいですよね。本がいかに吾郎さんの心を豊かにしてくれたか、そしてこれからライフワークとしてどう番組と、そして本と向き合っていくのか、今後の吾郎さんも楽しみです。

 

f:id:kei561208:20170403184932j:plain 東京新聞公式Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kei561208:20170403184932j:plain 作家と出版社TwitterFacebook

 

 

www.facebook.com

 

 

f:id:kei561208:20170523013943j:plain GQ JAPAN 2018年1・2月合併号』発売日:2017年11月24日(金)

 

 

「2017年の男たち」

12回目を迎える日本版「GQ MEN OF THE YEAR 2017」。今年は9人の男たちが登場する。彼らは、なにゆえ、「2017年の男たち」なのか。スペシャル・インタビューにその答えがある。

 

 「インスピレーション賞」を受賞した際の記事はこちら↓ 

kei561208.hatenablog.jp

「GQ MEN OF THE YEAR 2017」の受賞の際に流れた動画のコメントにあるとおり、雨の中に撮影されたシーンがこれまでにない荒々しさを感じさせて、ああ、こういう目も吾郎さんは見せてくれるのだと感動。記事については『GQ JAPAN 2018年1・2月合併号』が即完売。多くの人の手に渡ってはいないために詳細は省きますが、インタビューされた鈴木編集長と吾郎さんとの信頼の上に成り立った深いものとなっています。鈴木編集長のファンである吾郎さんも、稲垣吾郎という人なら、ここまで切り込んでも大丈夫という鈴木編集長の吾郎さんに対する信頼があったからこそ。まさしく大人の会話に痺れます。12月16日(土)に雑誌としては珍しく重版がかかることになりましたので、もし手に入れていらっしゃらない方がおりましたら、ぜひ彼らの率直なインタビューをお読みいただければと思います。

 

 

f:id:kei561208:20170403184932j:plain 沖浦裕明(GQデジタル・エディター)インスタグラム

GQのデジタル・エディターを務める沖浦さんがインスタグラムにて彼らへの素敵なコメントを投稿されましたのでこちらもご紹介。コメントは各右上にあるインスタグラムのマークをクリックしてください。

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com