- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

シネマナビと『光』

11月15日(水)発売【anan No.2078】の稲垣吾郎シネマナビ!では『光』(2017年11月25日(土)全国順次公開)を紹介。

 

f:id:kei561208:20171117015646j:plain

 

《あらすじ》

東京の離島・美浜島で暮らす中学生の信之は、幼馴染で唯一の同級生である美少女・美花と付き合っている。ある日、島を大災害が襲い、信之と美花、信之を慕う年下の輔、そして数人の大人だけが生き残る。島での最後の晩、信之は恐ろしい暴力から美花を守るため、取り返しのつかない罪を犯してしまう。それから25年後。島を出て妻子と暮らす信之の前に輔が現われ、25年前の事件の真相をほのめかす。信之は美花を守ろうとするが、輔は記憶の中の信之を取り戻そうとするかのように2人を脅しはじめる。(映画.COMより抜粋)

 


11/25(土)公開 三浦しをん原作×大森立嗣監督『光』衝撃の予告編

 

監督&脚本:大森立嗣
原作:三浦しをん
出演者:井浦新瑛太長谷川京子/橋本マナミ/梅沢昌代/他
配給: ファントム・フィルム
制作国:日本(2017年)
上映時間:137分(R15+)

 

ここから先はシネマナビに書かれた『光』について触れるため、"続きを読む"をクリックください。 

 

 

吾郎さんのそれぞれの役者の演技に対する“憑依型”、“俯瞰型”の考察も面白いけれど、橋本マナミさんの体当たりの演技を「彼女の芝居に対する“沸騰”した思い」という表現がね。情熱とか、よくある言葉でなく、“沸騰”というのが、橋本さんのその思いをぎゅっと濃縮させているようで、凄い素敵だなと。