- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

シネマナビと『君はひとりじゃない』

7月5日(水)発売【anan No.2060】の稲垣吾郎シネマナビ!では『君はひとりじゃない』(2017年7月22日(土)全国公開予定)を紹介。

 

f:id:kei561208:20170706232318j:plain

 

《あらすじ》

病気で母を亡くした娘と検察官の父。心身を病んだ娘は摂食障害となり、日に日にやせていく。喪失感を拭えない父は、検察官として立つ事故現場で人の死に何も感じなくなっていた。埋められない溝ができてしまった父と娘は、お互いを傷つけあった。そんな娘の体を見かねた父は娘をセラピストのもとへと通わせてリハビリをさせるが、そのセラピストによる療法は普通では考えられないものだった。(映画.COMより抜粋)

 


『君はひとりじゃない』予告編

 

監督:マウゴジャタ・シュモフスカ
脚本:マウゴジャタ・シュモフスカ/ミハウ・エングレルト
出演者:ヤヌシュ・ガヨス/マヤ・オスタシェフスカ/ユスティナ・スワラ/エバ・ダウコフスカ/アダム・ボロノビチ/他
配給: シンカ
制作国:ポーランド(2015年)
上映時間:90分

 

ここから先はシネマナビに書かれた『君はひとりじゃない』について触れるため、"続きを読む"をクリックください。

 

 

ここ数年でいちばん難しい映画じゃないでしょうかと難解であることをはっきり伝える吾郎さんが素敵。

そして、これからこの映画を観るであろう人へ原題が「BODY」であること、つまり肉体がテーマであろうことを伝えることでその難解さを緩和させようとしたのか。きちんと観る側への配慮をしつつ、でも最後は鑑賞する側に映画の答えを委ねるところも素敵です。その委ねられた答えを見つけるためにも、観に行かねば。