- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

『編集長 稲垣吾郎 #23』(2017.06.07放送分)

6月7日(水)に放送された『編集長 稲垣吾郎』の第23弾。

 

f:id:kei561208:20170421145132p:plain

 

吾郎稲垣吾郎です。僕が編集長となって皆さんと一緒に、女性誌を作っていくというラジオ番組。今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、“編集会議を始めましょう♪”」
2017年6月7日(水)『編集長 稲垣吾郎 #23』より一部抜粋

 

 ■「GORO's Column」……編集長、こんばんは。マレーシアのクアラルンプールでゴルフをしてきました。自然豊かで巨大な石がシンボルになっているゴルフ場。コースではおさるさんもたくさん見かけて可愛らしかったのですが、キャディさん曰く「いろいろ取られるので気をつけてね」と言われビックリ。途中ではオオトカゲもいて怖かったです。ほぼ初心者の私は進歩なく、暑さにバテましたが南国らしい鮮やかな花に癒されました。18ホール後には突然のスコールで雷がゴロゴロ、熱帯雨林らしいレアな体験もでき面白かったです。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain いいですね、マレーシアでゴルフですか。クアラルンプール、マレーシア……行ったことないですね。どんな感じなんでしょうねえ。熱い南国で、じめじめしたところだと結構大変だったんじゃないかなと思うんですけれども。

でも、ちょっとでもゴルフ楽しいなと思っていただけたらすごい嬉しいなと思いますけれどもね。一ゴルフファンとしても、ゴルフをススメている僕としても。

マレーシアはないですけど、僕はタイとかはありますね。チェンマイのほうは結構ゴルフ場有名で、気候も比較的涼しかったりもしますし良いですね。後、ビンタン島ってどこだ? シンガポールかなあ。高速船で1時間ぐらいのところにあるビンタン島に行ったときゴルフ行きましたけどね。そこは熱帯雨林気候で確かにトカゲがいたりそういう雰囲気だったんですけどね。東南アジア結構好きなんです。昔、タイに行ったり、ベトナムに行ったり、仕事でシンガポールに行った思い出もありますしね、結構好きなんですけどね。最近はちょっと東南アジア行ってないですけど、何かいいですよね。すごくアジア熱というか、混沌としていて町中も楽しいですし、ご飯も美味しいですし、いいかもしれない。

 


Lorde - Royals (US Version)

 

■「GORO's Search」……編集長は「ヘアドネーションを知っていますか? 病気などでウィッグが必要な人達のために30cmほどの長さの髮を寄付受付している団体があります。提供する美容院も増えているようですが、まだあまり認知されていないと思うので、ぜひヘアドネーションについて取り上げて欲しいと思います。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain 僕も知らなかったですし、非常に興味深いので、今日は「NPO法人 Japan Hair Donation & Charity」代表理事・渡辺貴一さんにお話を伺います。

 

www.jhdac.org

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 「ヘアドネーション」とは

従来、美容院で切ると基本的に産業廃棄物というゴミとして処分されてしまう髪の毛。そのまま捨ててしまうのはもったいないので、そのゴミとして処分されてしまう髪の毛を使ってウィッグを作り、18歳以下の病気やケガなどで髪の毛に困っているお子さんに無償で提供しようという活動をいいます。

世間ではウィッグは出回ってはいますが、大人用にS、M、Lといった規格品では子供向けは作れないのです。そのため、必要とされる人が作ろうとすればかなり高額になってしまうのだとか。「NPO法人 Japan Hair Donation & Charity」では長い髪の毛を切られるのであれば皆様から寄付をしていただきたいと広く募集しています。

f:id:kei561208:20170523013943j:plain 髪の毛の寄付方法

①協力美容室

「ヘアドネーションに対する協力美容室は広がりを見せ、全国でも2000店舗と増えています。まずは「NPO法人 Japan Hair Donation & Charity」で協力店舗の検索ができますので、行きつけの美容室がない方はお近くの協力美容室で髪を切ってもらい、そこから郵送する方法があります。⇒ドネーションサロン検索システム|Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック)

②行きつけの美容室、自宅でカットする

協力美容室以外の行きつけの美容室でカットしてもらう、自宅でカットする場合は「ヘアドネーションの流れと方法が下記HPにありますので、こちらを参照ください。⇒髪の毛を寄付する|Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック)

ちなみにウィッグにできる髪の毛の条件としては"31cn以上の長さがある"これだけです。よほどのダメージがなければくせ毛であろうと、パーマ、カラー、ブリーチをしていても構いません。年齢も国籍も問いません。技術は進歩しても人毛と人工的に作られたウィッグというのは大きな違いがあり、艶とかが不自然なほど人工的な光方をしてしまうそうです。その点、人毛は1本、1本の髪質や毛の太さにも違いがあるため、艶が自然になるのです。

今のところ「ヘアドネーションの提供としては9割が女の子1割が男の子という実績が。男の子の割合が少ないのは、やはり保護者も女の子と比べるとそこまで気にしないだろうという思いがあって、申込自体されないことが多いと。でも、実際には我慢して気にならないフリをしている子もいると思うので、これからは男の子もどんどん来ていただきたいなと渡辺さんは思っているそうですし、そのためにもこの活動がもっと認知され、「ヘアドネーションに提供してくださる人が増えることを期待しています。

なお、「NPO法人 Japan Hair Donation & Charity」が運営を続けていくためには、ウィッグに必要な髪の毛の寄付はもちろん、活動を支えるための資金も必要としています。何か活動のお手伝いをしたい、でも髪の毛は短いし……とお思いの方は、寄付金で活動を支援するという方法もありますので、もしよろしければ下記をご覧ください。

 

congrant.com

⇒『編集長 稲垣吾郎』の「GORO's Search」という素晴らしいコーナーが持てたこと、本当に文化放送さんには感謝です。吾郎さん自身が知らなかったことを知る。それだけでなく、稲垣吾郎という知名度を活かし、それを少しでも周知して、広げていく。吾郎さんの年齢に合わせ、彼の社会貢献の場を提供していただけることのありがたさ。この小さなコーナーが少しでも広がりを見せ、社会へと循環していくことを期待したいですし、そのために自分に出来ることも模索していきたいと思います。

 

 ■「GORO's Break Time」…吾郎さん、こんにちは。リクエストはOwl City featuring SEKAI NO OWARI で「Tokyo」をお願いします。大学進学を機に18歳から数年前まで東京在住でしたが、今は仕事で年に何回か訪れるのみに。先日の羽田空港特集楽しかったです。先日、出張で東京に来ました。羽田から都心に向かうたびに帰ってきたような不思議な懐かしさを感じます。東京はいつまでも温かくてキラキラ、ワクワクする都市であってほしいです。帰りの便は少し余裕を持って吾郎さん絶賛の羽田空港スイーツをお土産に買って帰りました。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain 僕、まだ羽田行ってないです。あんな行くとか調子のいいこと言っておいて。絶対行きますね!なんて言ってたけどまだ行けてないですw 行きたいんですけどねえ、夜景を観に。まあ、ずっと東京にいると東京を少し嫌いになったりするときもありますし、たまに来るとワクワクしたりとか。僕はずっと東京生まれ、東京育ちなんでね、ありがたさなんかも分かんなくなってきてるかもしれないですけれども。まあ、僕も東京は好きですね。実際に東京以外に住むかって言われちゃうと、う~ん、憧れはありますけどね。海外に住むとか違う都市に住むとか、でもやっぱり僕も東京が好きなのかな。

 


Owl City - Tokyo (Official Visualizer) ft. SEKAI NO OWARI

 

■「GORO's Essay」……G.Wに神保町シアターにてSMAPの映画「シュート!」が上映され見に行きました。懐かしく、メンバーの若さも可愛く、時折、館内で笑いも起こっていました。またロビーではシュートのポスターなども展示されていたり、メンバー色6色で繋げたクリップのゲートがありました。吾郎編集長の「シュート!」の思い出を教えてください。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain へえ、何でこれまた映画館でやってるんでしょう。何でって言っちゃいけないけど。これねえ、僕ほとんど撮影してないんですよ。3、4日ぐらいしか撮影してない。だってさ、ブラジル帰りの天才ストライカーですよ。おかしいでしょ、サッカーやったこともないのに。もうね、思い出したくもないですよ、別にw 本当にw

僕サッカー蹴ってね、ゴールする撮影のシーンで、蹴れないですから、稲垣吾郎サッカーボールなんてまともに。僕、足でボール蹴るフリして、横に機械置いて、その機械からボールが発進してましたね。あのバッティングセンターにあるピッチングマシーンみたいなやつ、あれのサッカーバージョン。足のすぐ横に置いて、酷いですよね。何でこれあんまり出演、3日間くらいなんですね。これね、要するに僕、ドラマやってたんですね。「嘘でもいいから」って。で、ちょっとスケジュールが上手くこう出来なくて、そうなんですよ。だからあまり参加出来なかったんですよね、これ。

懐かしいなあ。劇場内で時折笑いが起きてたって、辱めですよね、どちらかって言うと。うん、まあ、いいんじゃないでしょうか。はい、ふふふw

 

■「GORO's Music Library」……リクエストは伊勢正三さんの「NEVER」。20年以上前に吾郎さんが出演されていたドラマ「嘘でもいいから」の主題歌です。若かりしころの吾郎さんが体当たり演技で挑んだこのドラマを今でも見返してます。樋口可南子さんとのそれはそれは切ないラブストーリー。年齢差やさまざまな障害を乗り越えようとする二人の姿に毎回ドキドキしつつ、涙しています。

f:id:kei561208:20170403190324j:plain ありがとうございます。先ほど悲しんでいた「嘘でもいいから」ですね。昔のことを僕に思い出させて何か楽しいですか? 皆さん。そんなこと言っちゃいけないですけどw

もう20年以上も前ですからねえ。今でも時々見返してくれているんですね。これ、VHSでしょ。当時、だってDVD化してないですから。VHSで録ったものをDVDとかに落とす。PCとかに入れてるってことなんですかね。「嘘でもいいから」見たいわ、だってDVDないし。そういうこと言うと、昔のドラマで見たいなあと思っても、僕持ってないの多いんですよね。もちろん、初めて月9出させていただいた、いわゆる二十歳の約束とか、東京大学物語とか、「嘘でもいいから」このくらいの世代のドラマって僕、持ってないんですよ。CDとかっていうのは持ってるじゃないですか。出演したドラマってもうないんで。DVD化されてないんでね。多分、僕がね、20代のころの作品はDVD化されてないんですよ、ドラマ。豊川悦司さん、藤原紀香さんとやった危険な関係とかね、フジテレビで。あれも見たいんですよね。30過ぎぐらいはDVD化されてるんですよね。VHSで持ってたりもするんですけど、再生できないじゃないですか。今、もう持ってないんで、ちょっと見たいなあ。何か、こういう話を聞くたびに久々に観てみたいなあという思いはあったりするんで。

 

f:id:kei561208:20170411005834j:plain 伊勢正三「NEVER」

 

f:id:kei561208:20170403190324j:plain 懐かしいですね。「嘘でもいいから」これ、僕、すごい好きなドラマでしたね。本当に切ない、切ないラブストーリーで、確かに。これは映画「僕の美しい人だから」をオマージュに作られた作品でね。当時、話題だったハリウッド映画だったんですけども。
いやあ、キレイでしたね、樋口可南子さんね。でも、当時の樋口可南子さんすごく当時僕まだ20歳くらいだったので、すごく年上な大人の女性で大女優って感じがして憧れていたんですけれども。う~ん、樋口可南子さん。それからお芝居で共演させていただいたことは。一度でもね、「SoftBank」のコマーシャルでちょっとお会いしたんですよね。樋口さん、今でもやられてるじゃないですか。そうなんですよね、お芝居でまた共演させていただきたいですね。
まあ、旦那様の糸井重里さんとよくお二人でコンサートにも来てくださったりとかもねしてて。またお芝居でね、樋口さんといつか共演させていただきたいなあとずっと思ってるんですけどね。

 

吾郎「皆様からのメッセージをお待ちしております。季節感のある話や、ちょっと僕に聞いてみたいことがある方は『Goro'sColumn』に。特集コーナーに取り上げて欲しいことがあれば『Goro'sSearch』。リクエストは『Goro'sBreakTime』へ。お仕事やプライベートな話題は『Goro'sEssay』へ。
メールのアドレスは“goro@joqr.net”、葉書きの方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。それではまた来週、バイバ~イ♪」
2017年6月7日(水)『編集長 稲垣吾郎 #23』より一部抜粋

 

www.joqr.co.jp