- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

シネマナビと『20センチュリー・ウーマン』

6月7日(水)発売【anan No.2056】の稲垣吾郎シネマナビ!では『20センチュリー・ウーマン』(2017年6月3日(土)全国公開)を紹介。

 

f:id:kei561208:20170608232007j:plain

 

《あらすじ》

1979年のサンタバーバラを舞台に、15歳の少年ジェイミーとシングルマザーのドロシア、そして彼らを取り巻く人々の特別な夏を描いた。思春期の息子ジェイミーの教育に悩むシングルマザーのドロシアは、ルームシェアで暮らす写真家アビーと、近所に暮らすジェイミーの幼なじみのジュリーに、ジェイミーを助けてやってほしいと頼む。(映画.COMより抜粋)

 


『20センチュリー・ウーマン』本予告 6/3(土)公開

 

監督&脚本:マイク・ミルズ
出演者:アネット・ベニングエル・ファニンググレタ・ガーウィグ/ルーカス・ジェイド・ズマン/ビリー・クラダップ/他
配給:ロングライド
制作国:アメリカ(2016年)
上映時間:119分

 

ここから先はシネマナビに書かれた『20センチュリー・ウーマン』について触れるため、"続きを読む"をクリックください。

 

 

シングルマザーのドロシアに対する吾郎さんの表現がとても素敵だなと思いつつ、やはりシネマナビは吾郎さんが映画評として語った言葉を約1000文字のテキストにまとめてくださる人がいるものの、そこに今の稲垣吾郎が感じられるのが良いんだよね。

20代より30代、30代より40代。今だから語れる映画評でもあると思うので、改めてこれまでのシネマナビを順に読み比べ、その変化を楽しみたいなという気持ちもあるので、ここはやはり書籍化をしていただくのが一番なんだけど……難しいんだろうなあ、うん。でも、リクエストは定期的に欠かさず続けていかねば。