- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

シネマナビと『ハロルドとリリアン』

5月24日(水)発売【anan No.2054】の稲垣吾郎シネマナビ!では『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』(2017年5月27日(土)全国公開)を紹介。

 

f:id:kei561208:20170523212749j:plain

 

《あらすじ》

1950年代から2000年代まで、数多くのハリウッド作品で絵コンテと映画リサーチを担当した職人夫婦を描いたドキュメンタリー。セシル・B・デミル監督の「十戒」、アルフレッド・ヒッチコック監督の「鳥」など100本以上の作品で絵コンテを手がけたハロルド・マイケルソン。そして映画リサーチャーとして活躍した妻のリリアン。本作では2人が関わった作品の絵コンテ、名シーンの数々、ヒッチコックマイク・ニコルズらと名匠と現場をともにする2人の姿、2人と交流のあったフランシス・フォード・コッポラダニー・デビートメル・ブルックスらのインタビュー、リリアンによる夫ハロルドの回想などから、映画に愛され、映画を愛した2人の思いや夫婦の心温まるエピソードが綴られていく。(映画.COMより抜粋)

 

 


【映画 予告編】 ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー

 

 

監督&脚本:ダニエル・レイム

出演:ハロルド・マイケルソン/リリアン・マイケルソン/メル・ブルックスフランシス・フォード・コッポラダニー・デビート/他

配給:ココロヲ・動かす・映画社〇

制作国:アメリカ(2015年)

上映時間:94分

 

 

ここから先はシネマナビに書かれた『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』について触れるため、"続きを読む"をクリックください。

 

 

今週の『編集長 稲垣吾郎』でも服に対する購入意欲について無駄遣いと否定することもなく、でも再利用する良さを肯定するように、映画について冗長な部分があるのを指摘する際に否定するでなく、具体的に「仰天ニュース」を見慣れているから、もう少し工夫ができた気がするというコメントがね、実に吾郎さんらしくていいなと思いました。