読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

シネマナビと『マイ ビューティフル ガーデン』

4月19日(水)発売【anan No.2050】稲垣吾郎シネマナビ!では『マイ ビューティフル ガーデン』(公開2017年4月8日(土))を紹介。

 

f:id:kei561208:20170421145119p:plain

 

《あらすじ》

いつも同じ生活スタイルを貫くことにこだわる変わり者のベラは、庭付きの部屋に暮らしているが、植物恐怖症の彼女にとって庭はありがた迷惑なだけ。一方、美しい庭を愛する偏屈な隣人のアルフィーは、庭を荒れ放題にさせているベラの存在が目障りだった。そんなある日、庭を綺麗にしなければ部屋を出て行くよう家主に言われてしまったベラは、アルフィーの弱点を掴み、お互いの利害関係のために2人で庭作りに取り組み始めるが……。(映画.COMより抜粋)

 


『マイ ビューティフル ガーデン』予告編

 

 

監督:サイモン・アバウド

出演:ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ/トム・ウィルキンソンアンドリュー・スコット/ジェレミー・アーバイン/アンナ・チャンセラー

配給:ココロヲ・動かす・映画社〇

制作国:イギリス(2016年)

上映時間:92分

 

 

ここから先はシネマナビに書かれた『マイ ビューティフル ガーデン』について触れるため、"続きを読む"をクリックください。

 

 

映画評としてきちんとあらすじを入れ、ふんわりとだがしっかり不足している部分も指摘しつつ、可愛らしい過去の時効話を告白したかと思えば、さりげに今の自身の交流やどう花が好きかというのを映画から外れることなく伝えてくれる、約1000文字の情報量の素晴らしさ。

その中で“植物好きといっても僕は軽薄”と語るのは、長野の知り合いの農家さんで収穫のお手伝いをしたり、その苦労を聞いたりして、土から育てる大変さを知るから出た言葉かもしれないね。花を愛してはいても、自身がしてるのは消費者として愛でているだけという気持ちがね。いつか、吾郎さんが好む庭を作れる環境ができればいいなとは思います。