- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

『編集長 稲垣吾郎 #12』(2017.03.23放送分)

3月23日(木)に放送された『編集長 稲垣吾郎』の第12弾。

 

 

吾郎稲垣吾郎です。え~、僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組。今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは“編集会議を始めましょう♪”」
           2017年3月23日(木)『編集長 稲垣吾郎』より一部抜粋

 

 

■「GORO's Column」……吾郎さんの好きなご飯のお供はなんですか?という問いに対し、納豆や海苔もみんな好きと。子供のころは岩のりみたいなものが大好きだったと吾郎さん。今は納豆が多いかな。ぬか漬けとか、日本人なので素朴な味が、朝ごはんには欠かせない感じになっている。後、韓国系のちょっと辛いキムチをはじめとしたチャンジャや韓国海苔も好きです。

 


UB40 - Kingston Town

 

■「GORO's Search」……4月の新生活に向け引っ越しをされる方も多くいらっしゃると思いますが、そのときに役に立つのが「住みたい街ランキング」

そこで見つけた気になる街「赤羽」2016年の「人気の高かった駅ランキング」で赤羽駅が4位に、そして「実は穴場な街ランキング」で赤羽が2位、「住んで良かった街ランキング」では赤羽は3位と人気な「赤羽」を今回はゴローズサーチします。

 

www.o-uccino.jp

suumo.jp

www.sumimachi-best30.com

担当されるのは「赤羽一番街商店街振興組合」の山縣ジュンコ(漢字不明)さん。

 

www.1bangai.org

山縣さん曰く、最近は若い方にも人気で、6路線、JRが走っているために交通の便が非常に良いと。昔は物販店が多かったものの、現在は飲食店が多くなり、山縣さんの一番街では“せんべろ(「1000円でべろべろに酔える」ような価格帯の酒場の俗称)”のお店も多くなってきている。

吾郎さんの口からもロケでよく使われる赤羽教会のお話が(ドラマ「ソムリエ」)出ましたが、人気のきっかけは清野とおるさんの「東京都北区赤羽」という漫画で、その後、ドラマ化されたのも要因の一つ。 

 

www.tv-tokyo.co.jp

吾郎さんの子供のころにあったどんよりとしたイメージは一新され、駅中も綺麗に明るくなって、赤羽の赤羽一番街商店街はレトロな雰囲気の飲食店やお昼から飲めるお店で若い方が多く見られるようになった。飲み屋さんだと鯉とうなぎのまるます屋さん、おでんの丸健水産さんなどが長蛇の列で人気。食品は街の中央に八百正総本店という八百屋さんがある。生活の利便性が高くなり、1日中を赤羽で過ごされる方もいらっしゃるそうです。しかも物件的にも他に比べると安いので、大変住みやすい街だと山縣さん。

今回は会話をしながらいつもの口調かと思いきや、くだけたりと距離感が普段より近い感じで、親しみやすさを感じた吾郎編集長でした。

 

■「GORO's Break Time」……SMAP『君は君だよ』

慣れない土地で頑張るリスナーの方に対し、カラオケで友達がこの曲を歌ってくれたというリクエストに対し、その友達にナイスと吾郎さんからコメントが。

 

■「GORO's Essay」……先日、剛くんと慎吾くんのラジオ「パワスプ」で“しんつよオンアイス”というコーナーが。二人がアイスを食べながら歌を歌い、それを聴いているリスナーも一緒にアイスを食べるという企画ですが、もし吾郎さんが同じような食べようというコーナーをするなら何を食べますか?という問いに対し、バッサリ全く意味がわからないと吾郎さんw

これは二人でやるラジオだからいいのであって、一人でやったらおかしい。僕ならお酒とかいいじゃないですか……ああ、でもちょっとそれはアレか。ダメか、飲めない人いますしね。考えておきましょう。って、あまり考えないと思いますけれども(知ってますw)

e-talentbank.co.jp

そしてもう一つが4月1日に名古屋で日本初となるレゴのアミューズメントパークがオープン。世界では7カ国ありますが、大阪レゴランドに世界で13人目、女性では初のレゴ職人マスターモデルビルダーの中山かんなさんという女性がいるという紹介。

www.osaka-u.ac.jp

レゴは子供のころすごい好きだったので何か思いがありますが、発想というか、計算ですよね。どこに何を配置してと頭がいいんでしょうね。頭の良さもありますし、イマジネーションも大切だし、奥が深い。

www.legoland.jp

 

■「GORO's Music Library」……シネマナビでも紹介された「ラ・ラ・ランド」を観てきた方から「恋と音楽」を思い出しましたとコメントに、サウンドトラックを聴いているのでその中から「LA LA LAND CAST」『Another Day Of Sun』

 


映画『ラ・ラ・ランド』サウンドトラック - アナザー・デイ・オブ・サン (LA LA LAND CAST)

なるほど、これまで「GORO's Music Library」は吾郎さんのお仕事に係わった楽曲が多くありましたが、こういう変化球的な取り扱いもあるわけですね。これでより幅が広がりましたが、吾郎さんサウンドトラック購入したのね。

 

Ost: La La Land

Ost: La La Land

 

 

 

吾郎「皆さんからのメッセージをお待ちしております。季節感のある話や、え~、ちょっと僕に聞いてみたいことがある方は『Goro'sColumn』へ。特集コーナーに取り上げて欲しいことがあれば『Goro'sSearch』へ。リクエストは『Goro'sBreakTime』へ。お仕事やプライベートな話題は『Goro'sEssay』へ。
メールのアドレスは“goro@joqr.net”、葉書きの方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。それではまた来週、バイバ~イ♪」
             2017.03.23(木)『編集長 稲垣吾郎』より一部抜粋