読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

『家庭画報』4月号に吾郎さん初登場♪

それは2月17日(金)のお昼頃でしょうか。一つのお知らせがツイートされたのは。

 

 

 

www.kateigaho.com

3月1日(水)発売の『家庭画報』2017年4月号に吾郎さんが初登場することに。

しかも企画コンセプトは写真家・篠山紀信さん撮りおろしによるパリ、ロンドンで発表された最新春夏コレクションをまとい、仕事にかける思いや、ファンとの絆、プライベート、今後の目標などを語ってもらうという素晴らしい内容。

上のページでは撮影時にいらした担当編集者による取材秘話も記載されており、

 

 

スタジオに入っていらっしゃった稲垣吾郎さんは、黒いハットに黒いパンツ、編み込み模様の入った白いセーター。まずその私服のお洒落さに目が留まりました! ヘア&メイクを終えてカメラの前に立つと、「こんな感じで動いてみて」というカメラマン篠山紀信さんのリクエストに応じて、軽くジャンプしたり、腕を振り下ろしたり。どんなポーズもすぐサマになってしまうのは、さすがです。撮影後は、ジャスミンティーを飲みながらリラックスした雰囲気でインタビュータイム。最近のプライベートや舞台への意欲、テレビ番組「ゴロウ・デラックス」での作家さんとの語らいなどについて、稲垣吾郎さんは想像していたよりずっとフランクに話してくださいました。何より印象に残っているのは、ファンへの思いを伺ったとき。「もう長いつきあいだからさ」と話し始めた言葉の端々に、まるで家族のことを話すような“近さ”を感じました。また別のテーマで取材させていただくのを楽しみにしております。
                       家庭画報編集部・三田

 

特にこの『家庭画報』のコンセプトは“夢と美を楽しむ”であり、テーマは“美しき伝承”だというのですから実に吾郎さんらしい雑誌かもしれません。まだまだ発売までは時間がありますが、今から非常に楽しみにしております。

なお『家庭画報』には「通常版」と軽くてコンパクトな「プレミアムライト版」があり、関西と東海では「通常版」の発売は1日早く、2月28日(火)となっております。お値段は「プレミアムライト版」が100円安い…それでも1,200円ですけどね(^^;

予約もまた一つの応援となりますので、よろしければお近くの書店でご予約されるか、下記のAmazonをご利用ください。

家庭画報 2017年 04月号

家庭画報 2017年 04月号