読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

- 考える葦 -

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

『おはようSMAP』7/11~7/15

◆7月11日(月)おはようSMAP:曲『gift』 

吾郎「おはようございます、SMAP稲垣吾郎です。7月11日、今日お誕生日の皆さん、おめでとうございます。僕たちSMAPが東京地方の天気をお知らせする「おはようSMAP」今日の天気は、晴れのち曇り。

さあ、今日からはですね、しばらく僕、稲垣吾郎が皆さんのお相手をさせていただきます。さて今日はですねえ、真珠記念日の日だそうです。1893年のこの日三重県で初めて真珠の養殖に成功した。そうです、三重といえば真珠ですもんね。小学校か、中学校の修学旅行のときに、ねえ、なんか三重県の真珠の養殖の場所に見学しに行った記憶がありますけれども。いいですよね、真珠のネックレスってすごい好きですよ。ネックレスに限らずアクセサリー。はい、あのう、すごく清楚な感じで。日本人がもっとも似合う、ねえ、あのう宝石ですよね。ああ、そうなんですねえ。男はなかなか真珠つける機会というのはないんですけども、はい。僕もあのう、意外とまあ、アクセサリーつけたり、つけなかったり、まあ、まちまちなんですけどもねえ。まあ、ダイヤとかもまあ好きですし。まあ、ブラックダイヤとか格好イイですよね、男性がつけると。まあ、最近はしないことが多かったり。なんかいろいろそのときの気分によってですけど。ま、これから夏なんでね、薄着になるんで、アクセサリーとかにちょっと気を付けてみたりとか、いいかもしれませんね。

さあ、というわけで中西さん、中西さんはどうなんですか。アクセサリーとか、結構されるタイプなんですか?」

中西「え~、しませんね、はい。稲垣さん、結構されているイメージなんですね。僕は以前、表参道ヒルズのアイファニーっていう、まあ、アクセサリーとか、服とか売っているところがあるんですけれど、まあ、そこであの~、お店に稲垣さん来られてると聞いて店員の方にね。僕もそこの物、結構愛用とかしてたんですけども。僕はもう最近はこれ1、2年かな。おっさんになってからもうアクセサリー似合わないからさ。しなくなりました。稲垣さん、今週からよろしくお願いします」

 

today.smartnews.com

 

◆7月12日(火)おはようSMAP:曲『青いイナズマ』

吾郎「おはようございます、SMAP稲垣吾郎です。7月12日、今日お誕生日の皆さん、おめでとうございます。僕たちSMAPが東京地方の天気をお知らせする「おはようSMAP」今日の天気は、曇り時々晴れ。

さあ、今日は語呂合わせで洋食器の日だそうです。日本金属洋食器工業組合が制定したそうです。ふ~ん、ナイフですね。712、ナイフで語呂合わせということです。僕はあの食器がすごい好きで。まあ、和食器も好きですし、ねえ、洋食器もいろいろと。どんどん溜まってちゃいますよね。食器はありすぎても洋服とかと一緒で、なんか上のほうからつい…使ってしまうというね。重ねた、そういう感じもありますけれども。ただ、まあ、結構もちますしね。割れない限り、半永久的に食器ってもつんでね。なんか、どんどん、どんどん増えてっちゃう一方ではあるんですけれども。まあ、でも特に僕、洋食器の中では本当真っ白なものが好きですね、はい。まあ、ウェッジウッドとかジノリとかね、リチャードジノリ。イタリアのものとかが、ヨーロッパのものが多いですよね。そういう洋食器はすごい好きですし。あと、それこそこう、ナイフとかも好きですね。ソムリエナイフなんかもそうなんですけれども、うん。まあ、結構こういうのは揃えたりっていうのは昔っから僕も好きなんですけれどもねえ。

さあ、ということで、中西さんはどうなんですか? 食器にこだわりとかありますか?」

中西「ありません。最近、ちょっとまあ、料理始めたんですけど。今のところ、そこまでこう興味はないんですけど。真っ白なものが好きなんですねえ、稲垣さんはねえ。すごく意外だったのは、稲垣さんであろうとも食器は上から順に使ってしまうっていうのがちょっと。食器もすごいこだわっていらっしゃるんで「この料理にはこの食器」みたいなふうに思ってるのかなあと思ったんですけど、そういう感じじゃないんですねえ、う~ん。僕もあのう、少しずつ食器は揃えていきたいなと思いますので参考にさせていただきます。ウェッジウッドとジノリですね」

 

today.smartnews.com


◆7月13日(水)おはようSMAP:曲『Peace!』

 吾郎「おはようございます、SMAP稲垣吾郎です。7月13日、今日の誕生日の皆さん、おめでとうございます。僕たちSMAPが東京地方の天気をお知らせする「おはようSMAP」今日の天気は、曇り時々雨。

さあ、今日は水曜日ということで、映画館がレディースデイですねえ。僕なんかもう本当に映画は、年間100本以上観させていただいてて、もうやっぱり、仕事になってるのでねえ。いろいろとまあ、映画のコラムを書いたりとか、やらせてもらってはいるんですけども、うん。あのたまに映画館いいですよね。僕はやっぱ試写室とか、DVDとかが多くなってしまうんですけれども。最近、ちょっと映画“館”にはあまり、行ってなかったんで、ねえ、ちょっとまた行ってみたいですねえ。なんか、いいですよねえ。ポップコーンとちょっとビールを片手にとか。う~ん、そういうのダメな映画館もありますけれども。ま、でもなんか特に最近の映画館はすごいですもんねえ。あの~どんどん、どんどん進化して、ねえ。大スクリーンの映画館があって、なんか。ねえ、やっぱりDVDとか、いろんなまあソーシャルネットワークがまあ、盛んなこの時期に、まあ、あえてなんか映画館に来るという、僕はすごく好きですし、なんか夏らしい…さもありますよね、ね。

う~ん、さあということで、え~、中西さんは最近、ねえ、映画“館”には行きましたか?」

中西「行ってないんですよねえ。なかなか行く時間がなくて。でも、映画館で1人で映画観るの楽しいですよねえ、僕はすごい好きなんですけども。一番最近行ったのは、今日たまたま火星のこといろいろやるんですけども「オデッセイ」なんですよねえ。マット・デイモンの。火星でこう一人取り残されて、ジャガイモを育てて食べるって話なんですけど。今日、たまたまこの後8時から火星の土で育てたサラダの話やるんですけど、あの「オデッセイ」観たら、ジャガイモ食べたくなるよなあ、火星の。だから、ちょっと楽しみだなあって今日8時から思ってますが、うん。時間が出来たら、映画館行きたいと思います。稲垣さん、ありがとございました」

 

◆7月14日(木)おはようSMAP:曲『ススメ!

吾郎「おはようございます、SMAP稲垣吾郎です。7月14日、今日お誕生日の皆さん、おめでとうございます。僕たちSMAPが東京地方の天気をお知らせする「おはようSMAP」今日の天気は、曇り時々晴れ。

さあ、僕、稲垣吾郎といえば、つい最近までドラマをやらせていただいてて、『不機嫌な果実』というね、まあ、ナイトドラマをやらせていただいてたんですけど。まあ、終わって1ヶ月ぐらい経つんですけどもね。今回はまあ、ちょっと変わった役で。マザコン潔癖症のダメ夫の役だったんで、まあ、なんかいろいろと反響もありましたし、ま、後みなさんにすごい楽しんでもらえてるというか。ま、「観たよ~」っていろんな方に結構言ってもらえる、手応えみたいなものがあったりで。なんか、もう本当にマザコン、潔癖な、もうちょっと女性から嫌われるような役だったんで。僕自身がああいう人間だと結構誤解されてしまうことが。なんかあまりにも僕が結構自然に意外と演じるタイプなので、なんか僕が本当にああいう人間だって結構いろんな方に思われてるみたいで。ま、ちょっとそういうところもあるかもしれませんけれどもね、はい。ま、でも、ねえ、それはまあ褒め言葉ですよね。俳優としては、うん。ま、本当でも楽しかったですし、連続ドラマっていうのはね、やっぱり。ま、大変ですけれどもねえ、何カ月もかかって。でもやり終った後の充実感っていうのはやっぱり、他にはなかなかないものもあるので。また機会があれば、今度また、二癖も、三癖もある、役をまたやっていきたいなと思っております。

さあ、ということで、中西さんはどうですか。連続ドラマとか結構、嵌って観られたりするものはあったりするんですか?」

中西「はい。あの~、ここでねえ、SMAPの方と交流させていただいてますんで、いろんなドラマをもう観たりはするんですけど。最近だったら、草彅剛さんの「スペシャリスト」はねえ、あの僕観てますし、後、あの~慎吾…さんのねえ、「家族ノカタチ」も、好きで僕観てたので、はあ。今回のこのまた稲垣さんの、潔癖症のマザコンみたいな役もね、観て楽しかったですけどねえ、うん。稲垣さん、ありがとうございました」

 

www.tv-asahi.co.jp

 

◆7月15日(金)おはようSMAP:曲『Joy!!』

吾郎「おはようございます、SMAP稲垣吾郎です。7月15日、今日の誕生日の皆さん、おめでとうございます。僕たちSMAPが東京地方の天気をお知らせする「おはようSMAP」今日の天気は、曇り時々雨。

さあ、今日はですね、ファミコンの日です。ねえ、ファミコン。うちはでもすぐには、うちの家庭には来なかったですねえ、ファミリーコンピューター。なんか僕もそのころそんなにテレビゲームに元々興味が。ほら、ファミリーコンピューターってその前になんか、要するにテレビゲーム機って他にもあったじゃないですか。まあ、インベーダーゲームみたいなものが。そういうのをやってたわけではないので、なんか出た瞬間に「わ、ファミコン買わなきゃ」みたいなムードは我が家庭にはあんまなかった。多分ね、何年か経ってからファミリーコンピューターが来たような。もう、なんかスーパーマリオとかが発売するぐらい、に、この任天堂さんのファミリーコンピューターがわが家に来たので。ねえ、懐かしいですけれども。でも、これ、今でもありますよね。なんかカセットが小さくなって、ファミコンってあったりもするし。ねえ、まあ、今はゲームというともう携帯ゲームとかなのかなあ。あんまり僕はゲームは、ま、子どものころもそこまでするほうではなかったですし。なんかすげえ嵌るものがあったら、それはそれで、なんか楽しいでしょうね。暇つぶしにもなりそうですし、うん。

さあ、ということでこの後は速水さん。ねえ、どうなんだろう。世代的に、任天堂ファミリーコンピューターいかがですか?」

速水「僕も稲垣さんと一緒ですぐに買ってもらえなかった。後々手に入れたタイプなんですけど。稲垣さん、そうか、ゲーム興味ないんだあ。それにしては詳しいなあと思って。任天堂がね、ファミコン以前にインベーダーゲーム出してた話とか、カセットが小さくなって、まだファミコンってありますよねって言ってたり。あれ、考えてみたら稲垣マリオやってたじゃないですかっていう。詳しい…(笑)。実は、まあ、嫌い、好きなんじゃないですかなんて思ったり、ね。はい、稲垣さん、ありがとうございました」

 

today.smartnews.com