読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える葦

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

『ウォークインクローゼット』と『ゴロウ・デラックス』

2016年6月4日に放送された『ゴロウ・デラックス』第208回目のゲストは、史上最年少の19歳で芥川賞を受賞された作家・綿矢りささん(32歳) その綿矢さんが芥川賞を受賞した年齢、19歳のころの吾郎さんはといえば「二十歳の約束」でSMAPメンバーの中で初の月9…

『不機嫌な果実 第六話』感想

副題:最終章「禁断の愛、衝撃の結末!」 イタリアのボローニャに留学する予定の通彦に「麻也子、僕とイタリアで暮らさない?」とプロポーズを受ける麻也子。だが無理だと告げる麻也子に、「ご主人と離婚して欲しい。最低のことを言ってるのはわかっている。…

『SmaSTATION!!』と流行キーワード2016上半期

6月4日の土曜日にはドラマ『不機嫌な果実』の番宣で吾郎さんが久々に慎吾くんの『SmaSTATION!!』にスタジオゲストにて出演。 今夜11時15分「SmaSTATION!! 」に稲垣吾郎さんがご出演★知らないと恥ずかしい!流行キーワード検定2016~上半期編~!ドラマ現場の…

『不機嫌な果実 第五話』感想

副題:「裏切りのバーベキュー」 前週の予告で流れた「裏切りのバーベキュー」「ステーキ肉が男たちの嫉妬を呼ぶ!!」という大爆笑を誘ったキャッチコピー。放送自体はすでに終了したというのに、いまだ読むと笑ってしまうほどその破壊力は抜群ですw ちなみに…

『ビンボー魂』と『ゴロウ・デラックス』

2016年5月26日に放送された『ゴロウ・デラックス』第207回目のゲストは、俳優であり、タレントであり、そしてモデルでもある風間トオルさん(53歳) 21歳のときにノンノ・ボーイフレンドに選ばれて男性ファッション誌の『メンズノンノ』専属モデル第一号とし…

『不機嫌な果実 第四話』感想

副題:「夫と姑のお仕置き」 とりあえず第三話の感想はこの後ひっそり書いてUPしておく……いつかは← 第三話で航一への罪悪感ゆえに野村との関係を断ち切った麻也子だったが、帰宅するとあったのは航一に雇われた探偵による麻也子と野村との不倫調査報告書。そ…

『羊と鋼の森』と『ゴロウ・デラックス』

2016年5月19日に放送された『ゴロウ・デラックス』第206回目のゲストは、2016年4月12日に本屋大賞を受賞されたばかりの小説家・宮下奈都さん。 ピアノは、弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種である。鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが対応す…

無私の日本人と『ゴロウ・デラックス』

2016年5月12日に放送された『ゴロウ・デラックス』第205回目のゲストは日本の歴史学者(日本近世・近代史・日本社会経済史)であり、国際日本文化研究センター准教授でもある磯田道史さん(45歳) 磯田さんはかつて日本人が残した書物にはいまだ私たちも知ら…

『不機嫌な果実 第二話』感想

副題:「箱根で禁断の一夜」 第一話で夫・航一とのセックスレスな生活を解消しようと賭けに出たもののあっさりと負けてしまい、かつての男であった野村と最後の一線を越えてしまった麻也子。 帰宅後、野村との関係を後悔する麻也子は罪悪感からか、夫に激し…

レキドクと『ゴロウ・デラックス』

2016年5月5日に放送された『ゴロウ・デラックス』第204回目のゲストは現役の整形外科医でもある篠田達明さん(78歳) 1979年に“小説サンデー毎日時代小説新人賞”を受賞して作家としての活動も行うようになり、1981年には『大御所の献上品』で第85回直木賞候…

『不機嫌な果実 第一話』感想

副題:「夫だけでは満たされない」 4月29日(金)の23:15~24:15(関西地区12:24~1:24、他地域によっても遅れあり)からスタートした金曜ナイトドラマの『不機嫌な果実』 林真理子さんが書籍を出版されたときの“夫以外の男とのセックスはどうしてこんな…

『不機嫌な果実』とTwitterという応援ツール

2016年4月29日(金)の23:15より金曜ナイトドラマの『不機嫌な果実』第一話が始まりました。なかなかに愉快なドラマ展開になっているなと感じましたが、その感想を述べる前にちょっとドラマ開始前の公式を含めた関連する方々のTwitterの連動について、さら…

『ゴロウ・デラックス』放送200回の歩み

番組名や企画等に変更はありましたが、枠としては2004年の『吾郎の細道』から始まった吾郎さんの深夜のバラエティ番組。 『吾郎の細道』(2004年4月7日~2004年6月30日) 『吾郎のソナタ』(2004年7月8日~2004年9月30日) 『Goro's Bar』(2004年10月7日~2…

春は【不機嫌な果実】から

3月1日(火)に第一弾として主役のお二方の名前が発表され、3月14日(月)未明にようやく情報が解禁され、第二弾として吾郎さんの春ドラマ出演が公式発表されました。 現在、【スミカスミレ】という桐谷美玲さんが主演されている枠、テレビ朝日系金曜ナイト…

ベートーヴェンと「No.9 - 不滅の旋律 - 」

2015年10月10日から行われた吾郎さんの舞台【No.9 - 不滅の旋律 - 】(全28公演)がWOWOW presents「勝手に演劇大賞 2015」の作品賞ストレートプレイ部門、演出家賞、女優賞受賞の3冠を達成したのと、【えんぶチャート2015】の作品部門にて「No.9 - 不滅の旋…

勝手に演劇大賞&えんぶチャート2015

遅れましたが2月27日(土)に発表されましたWOWOW presents「勝手に演劇大賞 2015」(6回目)にて作品賞ストレートプレイ部門に「No.9 - 不滅の旋律 -」、そして白井晃さんの演出家賞、同舞台に出演された大島優子さんの女優賞受賞が決定しました。「No.9 - …

父と娘の復縁物語と『ゴロウ・デラックス』

吾郎さんがMCを務める毎週木曜日の深夜0:41からTBS系列で放送している『ゴロウ・デラックス』という30分の読書バラエティ番組をご存知でしょうか。内容としましては SMAPの稲垣吾郎とTBSアナウンサーの外山惠理の2人が、辛口トークを展開する番組である。原…

ネットで出来る応援(シネマナビ編)

以前にブログに書いた「ネットで出来る応援 - 考える葦」の特化版で、吾郎さんが「anan」で掲載している「シネマナビ!」用の応援を呟いたものの、私の投下するタイミングが悪く、「恋と音楽FINAL」終幕後の感想に流れてしまったため、改めて詳しい内容とと…

シネマナビと映画「キャロル」

「anan」No.1989(2016年2月3日号)の「稲垣吾郎 シネマナビ!」にて紹介されていた映画「キャロル」が2016年2月11日(木)より上映開始されたため鑑賞してきました。なお、これから先映画内容について語るため、自ら観るまではネタばれ情報を目にしたくない…

「Happy End」な舞台への誘い

2月6日(土)より大阪の梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて開演した稲垣吾郎さん主演による舞台「恋と音楽FINAL - 時間劇場の奇跡 -」へと2月7日(日)のマチネ(13:00)観劇へと行ってまいりました。 思えばあの大感動を呼んだ「No.9 - 不滅の旋律 -…

稲垣吾郎とシネマナビ!

「anan」という雑誌に「稲垣吾郎 シネマナビ!」という映画評を週に1度掲載している吾郎さん。この映画評を読むたびに思うのは、吾郎さんという人がいかにして文学的感性にあふれているかということで、かつて彼が連載していたエッセイ本「馬耳東風」にもそ…