読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える葦

某男性アイドルグループ全活動期メンバーで、左利きな彼(稲垣吾郎)を愛でる会

『クリエイターズ・ファイル Vol.01』と『ゴロウ・デラックス』

2017年3月2日放送の『ゴロウ・デラックス』第240回目のゲストは、現在、『クリエイターズ・ファイル』が話題となっているロバートの秋山竜次さん(38歳) creatorsfile.com 冒頭から“今までにないパターン”だの、“台本を読ませてもらいましたけど、ちょっと…

『しんせかい』と『ゴロウ・デラックス』

2017年2月23日放送の『ゴロウ・デラックス』第239回目のゲストは、第156回芥川賞を受賞されたばかりの山下澄人さん(51歳) 登場早々、恒例となった花束を受け取る山下さん。その姿を見て、登場する前に受賞会見が別名“出所会見”と言われていたと話していた…

『ネコへの恋文』と『ゴロウ・デラックス』

2017年2月16日放送の『ゴロウ・デラックス』第238回目のゲストは、日本の動物写真家であり、ネコ写真家としては第一人者である岩合光昭さん(66歳) ネコといえばかつて2匹飼っていたぐらいのネコ好きな吾郎さんですから、今回はとても楽しみにしていたそう…

『銀婚式』と『ゴロウ・デラックス』

2017年2月9日放送の『ゴロウ・デラックス』第237回目のゲストは、人気アイドルから一転、由緒正しい歌舞伎界の名門に嫁がれた梨園の奥様でもある三田寛子さん(51歳) 冒頭では梨園の奥様とお話しする機会はないと言いつつ、外山さんに向かって“絶対できない…

『鬼才 五社英雄の生涯』と『ゴロウ・デラックス』

2017年2月2日放送の『ゴロウ・デラックス』第236回目のゲストは、日本の映画史・時代劇研究家である春日太一さん(39歳) 日本で一人だけの時代劇研究家である春日さん。吾郎さん自身も時代劇には何作品か出演されていますが、その中でも有名なのが三池監督…

『不機嫌な果実スペシャル~3年目の浮気~前編』

2016年の春に行われていたテレビ朝日の金曜ナイトドラマ『不機嫌な果実』 放送が終了してから約半年ぶりにパワーアップして帰ってまいりました、『不機嫌な果実スペシャル~3年目の浮気~』として。 連続ドラマでは麻也子は浮気していた通彦と結婚、そして実…

『新国立競技場』と『ゴロウ・デラックス』

2016年9月15日放送の『ゴロウ・デラックス』第221回目のゲストは、リオデジャネイロオリンピックを終えたばかりのタイムリーなゲストかもしれません。2020年東京オリンピック・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場のデザイン担当をすること…

追悼・永六輔さんと『ゴロウ・デラックス』

2016年7月28日に放送された『ゴロウ・デラックス』第214回目は2016年7月7日、享年83歳にてお亡くなりになられた永六輔さんを偲び、特別追悼番組を放送。 まず冒頭では礼服を着た吾郎さんが今回について一言。 吾郎「『ゴロウ・デラックス』です。2016年7月7…

『劇画1964』と『ゴロウ・デラックス』

2016年7月21日放送の『ゴロウ・デラックス』第213回目のゲストは、48年間連載が続く「ゴルゴ13」で有名な劇画界の代表的人物であるさいとう・たかをさん(79歳) 冒頭はなぜか小芝居から始まります。ビルの屋上に怪しげな黒いスーツを着た男の影が。男は下を…

『祖父江慎+コズフィッシュ』と『ゴロウ・デラックス』後編

2016年7月14日放送の『ゴロウ・デラックス』は、先週に引き続きブックデザイン界の巨匠、祖父江 慎さん(57歳) まずは人気ブックデザイナーとなったルーツに迫るため、祖父江さんの経歴を紹介。 子どものころから絵を描くことが好きだった祖父江さんは地元…

『祖父江慎+コズフィッシュ』と『ゴロウ・デラックス』前編

2016年7月7日放送の『ゴロウ・デラックス』第211回目のゲストは、装幀の常識を覆すデザインで注目を集めるブックデザイン界の巨匠、祖父江 慎さん(57歳) ブックデザイナーとは本の作者の製作意図に沿いながら、自身の視覚的表現及び感覚などの技術を動員し…

『女の甲冑』と『ゴロウ・デラックス』

2016年6月30日放送の『ゴロウ・デラックス』第210回目のゲストは、3度目の出演となる作詞家や連載を7本抱える人気コラムニストのジェーン・スーさん(43歳) ちなみにジェーンさんといえば、過去2回の出演で、 「一周まわってSMAPいいよねってすごい腹立ちま…

『魂の退社』と『ゴロウ・デラックス』

2週間ぶりに放送された2016年6月23日の『ゴロウ・デラックス』第209回目のゲストは、元朝日新聞社の社員で、現在はフリーランサーの稲垣えみ子さん(51歳) 吾郎さん曰く、読んで驚いたと、世のサラリーマンの方に響いていると思いますよという本日の課題図…

『ウォークインクローゼット』と『ゴロウ・デラックス』

2016年6月4日に放送された『ゴロウ・デラックス』第208回目のゲストは、史上最年少の19歳で芥川賞を受賞された作家・綿矢りささん(32歳) その綿矢さんが芥川賞を受賞した年齢、19歳のころの吾郎さんはといえば「二十歳の約束」でSMAPメンバーの中で初の月9…

『不機嫌な果実 第六話』感想

副題:最終章「禁断の愛、衝撃の結末!」 イタリアのボローニャに留学する予定の通彦に「麻也子、僕とイタリアで暮らさない?」とプロポーズを受ける麻也子。だが無理だと告げる麻也子に、「ご主人と離婚して欲しい。最低のことを言ってるのはわかっている。…

『SmaSTATION!!』と流行キーワード2016上半期

6月4日の土曜日にはドラマ『不機嫌な果実』の番宣で吾郎さんが久々に慎吾くんの『SmaSTATION!!』にスタジオゲストにて出演。 今夜11時15分「SmaSTATION!! 」に稲垣吾郎さんがご出演★知らないと恥ずかしい!流行キーワード検定2016~上半期編~!ドラマ現場の…

『不機嫌な果実 第五話』感想

副題:「裏切りのバーベキュー」 前週の予告で流れた「裏切りのバーベキュー」「ステーキ肉が男たちの嫉妬を呼ぶ!!」という大爆笑を誘ったキャッチコピー。放送自体はすでに終了したというのに、いまだ読むと笑ってしまうほどその破壊力は抜群ですw ちなみに…

『ビンボー魂』と『ゴロウ・デラックス』

2016年5月26日に放送された『ゴロウ・デラックス』第207回目のゲストは、俳優であり、タレントであり、そしてモデルでもある風間トオルさん(53歳) 21歳のときにノンノ・ボーイフレンドに選ばれて男性ファッション誌の『メンズノンノ』専属モデル第一号とし…

『不機嫌な果実 第四話』感想

副題:「夫と姑のお仕置き」 とりあえず第三話の感想はこの後ひっそり書いてUPしておく……いつかは← 第三話で航一への罪悪感ゆえに野村との関係を断ち切った麻也子だったが、帰宅するとあったのは航一に雇われた探偵による麻也子と野村との不倫調査報告書。そ…

『羊と鋼の森』と『ゴロウ・デラックス』

2016年5月19日に放送された『ゴロウ・デラックス』第206回目のゲストは、2016年4月12日に本屋大賞を受賞されたばかりの小説家・宮下奈都さん。 ピアノは、弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種である。鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが対応す…

無私の日本人と『ゴロウ・デラックス』

2016年5月12日に放送された『ゴロウ・デラックス』第205回目のゲストは日本の歴史学者(日本近世・近代史・日本社会経済史)であり、国際日本文化研究センター准教授でもある磯田道史さん(45歳) 磯田さんはかつて日本人が残した書物にはいまだ私たちも知ら…

『不機嫌な果実 第二話』感想

副題:「箱根で禁断の一夜」 第一話で夫・航一とのセックスレスな生活を解消しようと賭けに出たもののあっさりと負けてしまい、かつての男であった野村と最後の一線を越えてしまった麻也子。 帰宅後、野村との関係を後悔する麻也子は罪悪感からか、夫に激し…

レキドクと『ゴロウ・デラックス』

2016年5月5日に放送された『ゴロウ・デラックス』第204回目のゲストは現役の整形外科医でもある篠田達明さん(78歳) 1979年に“小説サンデー毎日時代小説新人賞”を受賞して作家としての活動も行うようになり、1981年には『大御所の献上品』で第85回直木賞候…

『不機嫌な果実 第一話』感想

副題:「夫だけでは満たされない」 4月29日(金)の23:15~24:15(関西地区12:24~1:24、他地域によっても遅れあり)からスタートした金曜ナイトドラマの『不機嫌な果実』 林真理子さんが書籍を出版されたときの“夫以外の男とのセックスはどうしてこんな…

父と娘の復縁物語と『ゴロウ・デラックス』

吾郎さんがMCを務める毎週木曜日の深夜0:41からTBS系列で放送している『ゴロウ・デラックス』という30分の読書バラエティ番組をご存知でしょうか。内容としましては SMAPの稲垣吾郎とTBSアナウンサーの外山惠理の2人が、辛口トークを展開する番組である。原…